ヘルプ

<< 陸軍第三航空技術研究所 のページ検索結果にもどる

このページでは https://www.env.go.jp/chemi/gas_inform/sonota_singi/gas/17_06/mat04_2-1.pdf をHTMLに変換して表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:陸軍 航空 技術 研究

変換前のファイルはこちらから確認できます。

※Netscape4.0と4.7では正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

第3陸軍航空技術研究所三方原出張所の事案(静岡県2 2−1−4)
Page 1
2
事案名
陸軍航空技術研究三方原出張所の事案(静岡県2
2−1−4)
フォローアッ
プ調査資料
・証言(元陸軍航空技術研究三方原出張所長の証言:昭和
48年調査)〔1〕
追加資料
・『中日新聞』平成15年7月15日〔2〕
・「陸密四九四四號 軍需動員関係部隊ノ出張所等ノ名称及位置
ニ関スル件中改正ノ件達」〔3〕
・証言(元軍属3名)〔4〕
平成15年度
フォローアッ
プ調査報告書
の要約
関係者が死去して不明だが、陸軍航空技術研究三方原出
は、終戦時にイペリット缶1本を旧引佐郡中川村またはその
付近の地中に埋設したのではないかと推定する証言情報がある
(昭和48年調査)。
○生産・保有情報
・元陸軍航空技術研究所長(中将)は、関係者が死去して
不明だが、終戦時に、陸軍航空技術研究三方原出張所
にはイペリット缶1本が存在したのではないかと推定してい
る〔1〕。
○廃棄・遺棄情報
・元陸軍航空技術研究所長(中将)は、関係者が死去して
不明だが、終戦時に、陸軍航空技術研究三方原出張所
がイペリット缶1本を旧引佐郡中川村(現浜松市)またはそ
の付近の地中に埋設したのではないかと推定している
〔1〕。
新たな情報
○その他情報
・旧細江町内には、『三方原化学研究』の看板を揚げた建物
が存在していたと記されている〔2〕。
陸軍航空技術研究三方原出張所は、静岡県引佐郡気賀
町西気賀に存在したとの情報がある〔3〕。
・元 3 陸軍航空技術研究三方原出張所の軍属(3 名)は、
同出張所は昭和 20 年 2 月に現浜松市内にある旧公会堂に疎開
してきたが、ガスマスクや防護服はあったものの、毒ガスは
見たことはなかったと証言している。また、戦後処理につい
ては、浜名湖岸でガスマスクや防護服、書類等を焼却処分し
たが、毒ガスの処理はしていないし、立川に帰ってからも毒
ガス処理の話は聞かなかったと証言している。また、 3 陸
航空技術研究三方原出張所の建物が中川村に存在したこ
とは聞いたことはなく、行ったこともなかった。将校達しか
知らない施設はあったかもしれないが、自分たちにはわから
ないとも証言している〔4〕。