ヘルプ

<< クラッシュ・オブ・クラン パソコン のページ検索結果にもどる

このページでは https://gamy.jp/clash-of-clans/clacla-pcplay のキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:クラッシュ オブ クラン パソコン

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

『クラッシュオブクラン(クラクラ)』をパソコン(Windows)でプレイする方法|GAMY
GAMY
クラッシュオブクラン
クラッシュオブクラン攻略Wiki
https://gamy.jp/clash-of-clans/clacla-pcplay

クラッシュオブクラン(クラクラ)』をパソコン(Windows)でプレイする方法

最終更新

ライター

Nexus@Dota2
24
コメントへ

今回は『BlueStacks 2』と呼ばれるソフトを導入し『クラッシュオブクラン(クラクラ)』をWindowsパソコン(PC)でプレイするための手順を解説します。また『BlueStacks 2』は『クラクラ』以外にも多くのスマホゲーに対応しており、大画面で迫力のあるゲームが楽しめます。

1.1 『BlueStacks 2』の公式サイトへ

公式サイトトップページにある画面左の青色の枠で囲われた「ダウンロードBlueStacks2」をクリックすると『BlueStacks 2』のインストーラーのダウンロードが始まります。

1.2『BlueStacks 2』のインストール

規約に同意し「次へ」を押します。

次に『BlueStacks 2』のインストール場所を指定します。デフォルトではC:\
ProgramDataになっていますが、自分でわかりやすい場所に変えることもできます。

インストールを進めていくと「App Storeへのアクセス」と「アプリケーション通信」に関する項目が出てきます。デフォルトでチェックが入っているのでこのままインストールしてください。

インストールが完了し画面右下の「終了」を押すと、自動的に『BlueStacks 2』が立ち上がりインストールは終了となります。

1.3 「BlueStacks 2」の初期設定

次に『BlueStacks 2』を立ち上げると初期設定の項目が自動的に出てきます。一番下の「App Sync」だけは後から設定しても大丈夫ですが、今後『BlueStacks 2』を起動するたびにこの画面が出てきて面倒なので最初に設定した方がいいです。

2.1「Google日本語入力」のインストール

『BlueStacks 2』のインストールと設定は終わりました。次に『クラクラ』をインストールする前に「Google日本語入力」をダウンロードします。画面上部の「Android」をクリックして「Google」と検索するとすぐにヒットするのでインストールしましょう。

3.1 『クラクラ』のインストール

やり方は先程の「Google日本語入力」をダウンロードしたときと同じです。画面上部の「Android」をクリックすると画像のようにインストールできるゲーム一覧が出てきます。『クラクラ』も含め探しているゲームが見つからない場合は、左上の「検索」ボタンをクリックして探してみましょう。

検索画面から調べると『クラクラ』がヒットしたので早速インストールします。ここで注意するのは、『クラクラ』という略称ではなく『クラッシュオブクラン』、あるいは正式名称の一部の「クラッシュ」などと調べないとヒットしませんので気を付けてください。

先程の『クラクラ』のアイコンをクリックするとインストール画面が表示されるので、画面右の緑色の枠で囲まれた「インストール」をクリックしましょう。インストールが開始されます。

4.1 画面の操作方法

インストールが終わり『クラクラ』を起動した画面がこちらです。右上の「□マーク」
でゲーム画面をフルスクリーンにすることができます。操作はパソコンで行うので、必然的にマウスとキーボードの使用になります。マウス左クリックが決定ボタンで、左クリックを押しながら動かすと画面が動きます。画面の拡大と縮小はキーボードの「Ctrl+マウスホイールスクロール」で行えます。

PCでのプレイについて・まとめ

●『クラクラ』側のメリット

1.画面が大きく見易いので戦闘において壁の隙間などピンポイントの場所にユニットを出せます。

2.タウンホールも画面が大きいおかげで非常に見易く、攻めるときに相手の本拠地を細かいところまで調べることができます。
 
●『Blue Stacks2』のメリット

1.操作をマウスで行うので、指では難しいユニットの細かい配置など、ゲーム内操作全般がストレスフリーかつより直感的に行えます。

2.大画面でプレイできるので迫力や臨場感が凄いです。

3.対応しているスマホゲーのタイトル数が非常に多く、プレイしたいゲームが見つかる可能性が高いです。

4.導入から設定までの一連の流れがスムーズかつ簡単なので、パソコンの操作が苦手な人でも簡単にできます。

5.使用してるスマホやタブレットが壊れて使えないときの緊急策として使用可能です。

●『クラクラ』側のデメリット

1.指ではなくマウスを使用するので、戦闘で点出しができません。

●『Blue Stacks2』のデメリット

1. マウスとキーボードの操作が苦手な人には、慣れるまでは逆に操作効率が悪くなる可能性があります。

2. ゲームタイトルごとの推奨環境が公開されていないので、使用するパソコンのスペックによっては快適にプレイできない可能性があります。

3. LANケーブルやWifiなどのネット回線が必要です。したがって環境によっては利用できない場合があります。