ヘルプ

<< IPS研究に迫る死の谷 のページ検索結果にもどる

このページでは https://www.asahi.com/articles/ASMCC52NRMCCULBJ00S.html のキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:ips 研究 迫る

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

iPS研究に迫る「死の谷」 山中伸弥氏ら新財団で支援:朝日新聞デジタル

アピタル

iPS研究迫る」 山中伸弥氏ら新財団で支援

 京都大iPS細胞研究山中伸弥所長が11日、都内日本記者クラブで会見し、iPS細胞が再生医療現場で実用化近づきつつあるものの、事業として成立する前研究開発費が枯渇する「」が迫っていると認識を明らかした。

ADVERTISEMENT

 山中所長は、新しい治療法が確立するは最初発見から二十数年かかる例が多いことを紹介。2006年発見から13年たったiPS細胞は「(大学など)アカデミアから、医療応用を本格的する企業へ橋渡しが必要」な時期なったと認識を示した。

 日本は、米国よう研究投資が集まりにくく、大学から企業へ過渡期研究開発費が足らなくなりがちだとして、新た設立した財団で収益を上げ、実用化を後押ししていく方針を明らかした。さらに「橋渡しは20年間くらい必要で、公益性も高い。国支援も一部では必要だ」と話した。(合田禄)

PR

こんな特集も