827 ひょんなことから、M.K さんという方と知り合い(友達といってもいいかな?)になりました。こんな歳になって、「友達」ができるというのは考えられませんでした。でもなんか気があうのです。
 彼は、自分より4~5歳年上、いわゆる団塊の世代ですね。 若いときは本当に色々なことをやっていたようです。(若い時のことは誰しも色々なことがあり、もうどうでもいいですよね。今の生き方が、とにかく大事なのです。)

 彼は自宅のすぐ近くにある仙元山という山に、ほぼ毎日分け入り、山の自然を守る活動をなさっています。下草を刈ったり、登山者が捨てたゴミの始末をしたり、遊歩道を整備したり、山の様々な植物がかつて自然の中で育っていたような、そんな環境を整備したりしています。孤立無援の自発的活動です。
 どこにあるどんな山かは、直接「 仙元山のブログ」をご覧んになってください。(せんげんやま:各地に仙元山があります。音読みだと浅間山もそう読むし、最後は富士山につながっていくようです。色々この辺は面白いいわれが隠れているような気がします。ネットで調べてみてください。)

826 山がどのように破壊され、それをどのように修復していくか、そして人間と山との関係がどのようにつながっているか、彼は熱く語ります。

 そして、なんとそういう自分の活動を発信したい一心で、WordPress を学び始めました。
 何もないところからの構築です。そしてできたのが「仙元山のブログ」です。副題に「生活近くにある自然との営み」と書かれています。

  彼の活動を応援したく、WordPressで作ったブログへジャンプするバナーを左サイドメニューに作りました。「 仙元山のブログ」というバナーがそれです。
  WordPress学習まだ一週間だということですが、できつつあるものは、なかなかのものです。これからどんどん良くなっていくと思います。彼は、悟ったかのように、この活動を人生最後の活動と位置づけ、山と向かい合っています。

 そして山歩きやハイキングで撮ったような写真ではない、自らの足で踏み込んでいる山と無心に一体化しているような写真が掲載されています。

 右の上は今日撮った1枚。下は、昨日の1枚。もう、山では、栗がなっているのですね。
 ぜひ、サイトを訪ねてみてください。
 癒されます。