ヘルプ

<< gimp人物の切り抜き のページ検索結果にもどる

このページでは http://gimp.blog.shinobi.jp/gimp%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC/gimp%E3%81%AE%E5%89%8D%E6%99%AF%E9%83%A8%E5%88%86%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%86%99%E7%9C%9F%E4%B8%AD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E3%82%92%E5%88%87%E3%82%8A%E6%8A%9C%E3%81%8F%E6%96%B9%E6%B3%95 のキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:gimp 人物 切り抜き

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

GIMPの前景部分選択を使って写真中の人物を切り抜く方法|<b style="color:black;background-color:#ffff66">GIMP</b>思い込みチュートリアル(<b style="color:black;background-color:#ffff66">GIMP</b><b style="color:black;background-color:#99ff99">の</b>使い方)

GIMP前景部分選択を使って写真中人物を切り抜く方法

GIMP前景部分選択前景部分選択を使って、写真特定部分を切り抜く方法です。

今回は画像を使用するので、このチュートリアルを試してみたい方は適当な画像を準備してください。
ちなみにチュートリアル中で使用した画像はこちらページから拝借しました
Bagpipers People - Free Stock Photo - People - High Resolution

適当な画像が無い方は上ページからダウンロード出来ます。画像上で右クリックして、「名前を付けて画像を保存」などから、画像を保存してください。

ということで、詳しくは以下通り。

大まかな範囲指定

用意した画像をGIMPで開きます。

(前景部分選択)を選択し、画像切り抜きたい部分をドラッグで囲みます。下画像ように、大まかな範囲で構いません。左太鼓持った人を切り抜きます。

(画像はクリックすると拡大します)

囲んだらこんな感じになると思います。

(画像はクリックすると拡大します)

この時、青く塗りつぶされた範囲が不要な部分(=背景)、塗りつぶされていない部分が切り抜きたい部分(=前景)になります。
以降作業では青く塗りつぶす部分をより細かく指定していきます。



前景全体指定

続けて、前景にしたい部分をドラッグで黒く塗りつぶします。

(画像はクリックすると拡大します)

マウスを離すとこんな感じで細かな範囲が塗りつぶされます。

(画像はクリックすると拡大します)



細部前景選択

ここで、太鼓を拡大してみると(拡大は、ツールボックス (zoom)、あるいは「Ctrl + マウスホイール」などから出来ます)、前景にしたいに前景と認識されていない(つまり、青く塗りつぶされている)部分が出来てしまいました。

(画像はクリックすると拡大します)


こういう場合は、続けてその部分をドラッグして黒く塗りつぶしてください。

(画像はクリックすると拡大します)

このとき、ツールボックス「小さいブラシ」「大きいブラシ」と書いてある場所下にあるつまみを動かす事でブラシ大きさを変えることが出来ます。



すると、こんな感じで、前景として認識されます。

(画像はクリックすると拡大します)



細部背景選択

さらに、太鼓部分を見ると先ほどとは逆で、背景にしたいに青く塗りつぶっされていない部分が出来ています。
こんなときはツールボックス「背景に指定」にチェックを入れます。



そして背景にしたい部分をドラッグします。このとき指定した部分は白く塗りつぶされます。

(画像はクリックすると拡大します)


すると、こんな感じで背景として認識されます。

(画像はクリックすると拡大します)



前景部分選択

そんなことを繰り返して、切り出したい部分以外を青で塗りつぶします。(選択が甘いは気にしない)

(画像はクリックすると拡大します)


範囲が決まったら、キーボード「Enter」を押せば、範囲指定できます。

(画像はクリックすると拡大します)



前景切り出し

最後に切り出しです。
メニュー「選択 → 反転(Ctrl + i)」をクリック。さらに「編集 → 消去(Delete)」を選択。

(画像はクリックすると拡大します)

コレで、切り出し完了です。



背景透明化

背景が白いままなんですが、背景を透明にしたい場合は、選択を維持したまま以下作業をして下さい。

「色 → 色を透明度に」を選択。透明にしたい色を白にして「OK」クリック。


これで背景を透明に出来ます。

(画像はクリックすると拡大します)



最後に

細部を選択する際、前景と背景境界線ギリギリを塗りつぶすと、思わぬところまで選択されてしまう場合があります。
ブラシで塗りつぶした時、塗りつぶした部分と隣接する色から自動的に範囲を選択しているようです。なので境界線ギリギリを塗りつぶすより、少し余裕を持って塗りつぶすと上手く選択できる感じでした。
その辺りは、ツールボックス「色感度」とかで調節できそうですが、細かい事は良く分かりません。
「色感度」左側「+」記号をクリックするとメニューが開きます。



また、GIMPには「前景部分選択」と同じような機能で「電脳ばさみ」があります。
2つの機能どちらが優れているかは人により、切り抜く物により異なると思います。
個人的には、「単純な形をしたものだったら、電脳ばさみを、複雑な形ものは前景部分選択を使う」って感じがします。
例えば下ページ画像からリンゴを切り出すときは電脳ばさみ方がサクッと出来ました。
Apple 9 - Free Stock Photo - Food

まぁ、その辺は自分で使い比べて下さい。

ということで、おしまい。

この記事へコメント