20代女子に聞く!モテオヤジの条件/運命、奇跡、昔の俺…嫌われるオヤジのNG話題とは
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

運命、奇跡、昔の俺…嫌われる40男のNG話題とは

年齢を重ねてくると、誰しもが昔を懐かしく思う瞬間がある。“自分は大丈夫”と思っていても、つい過去の自慢をしてしまうのがオヤジの悲しい性。昔話よりも未来に向けた新しい話題づくりをするのが肝要だ。モテる40男になるべく、懐古主義に巻き込まれた若い美女たちの苦痛の叫びを心して受け止めよう。

■今回のアドバイザー女子
 保育士 Aさん 25歳

平日は保育士、休日はファッション雑誌の読者モデルという2つの顔をもつAさん。童顔でおっとりした性格と低めの身長が男性の萌え心をくすぐるモテ子。好きな男性のタイプは、Mr.Childrenの桜井さん。

Aさん「私が好きになる人ってアラフォーの年上ばかり。包み込んでくれる感じが安心します。でも、誰でもが素敵なわけではないです。おじさん特有のダジャレを言う人や、若者ぶった言葉遣い、自己陶酔した会話をする人は、恋愛対象になりませんでした」

おじさんのロマンチックはいりません

Aさん「友だちと飲んでいて、隣のテーブルに居合わせた男性グループと一緒に飲むことがあったんです。その中の男性に女性陣が全員ドン引きするという事件がありました。

オシャレな見た目の彼は41歳。一見するとステキなのですが、発する言葉が本当にダサかったなぁ(笑)。ほとんど話していないのに『俺の中にある何かがビビってきたから声かけたんだよね』と口説き始め、連絡先を聞く時にも『運命の出会いだから君の連絡先を教えてくれなきゃ帰さないよ』と一人芝居。

もう、寒々しいセリフに笑いをこらえるのも必死で…。“ビビっとくる”とか言葉が古いし、ナンパのくせに“運命の出会い”とかキモいですよね。女性はロマンチックなことが好きですが、クサいセリフはNG。あと、男性が簡単に“運命”“奇跡”って言うのもどうかなぁって。ちなみにこれまでに言われて強烈だったキモイ言葉は『君と俺がいるここにいるのは奇跡だよね』でした。確かにこんなに笑えることを言うおじさんは奇跡ですが…」

昔話を聞くのって、面倒なんですよ!

Aさん「あと、絶対にNGなのが昔話&武勇伝です。酔って『若いころはモテたんだよ』『俺が若かった時は◯◯◯だった』なんて話し始めたら、早く帰りたくて仕方ありません! 女性って、過去の自慢話を聞くとしらけちゃうんです。もっとタチが悪いのは、武勇伝に加えて若い人の悪口を言うこと。その時点で、恋愛スイッチはオフになります。私の元彼は45歳でしたが、飲むと必ず『昔の俺に会ってもらいたかった』って言ってました。でも、私は『今のあなたが好きなわけで、昔のあなたを好きになるかはわからないのになぁ』って思いながら、聞き流していました。酔うと言いたくなっちゃうんでしょうね。何度注意しても懐古するので、昔話を語るおじさんを好きになるのはやめようと決めました」

最後にアドバイザーからひと言

「安易に“運命”と言い、“昔の俺がイケてた”話をする人は非モテおじさんです」

Text by Yoko Takahashi