ヘルプ

<< 揉み返しの治療 のページ検索結果にもどる

このページでは http://shugi.jp/columns/0618023967 のキャッシュを表示しています。

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

マッサージを受けたのに。。肩こり治療後に多い揉み返しの正体とは? - コラム - シュギjp

マッサージを受けたのに。。肩こり治療後に多い揉み返しの正体とは?

コラム 肩こり

肩こり治療後に多い揉み返しの正体

揉み返しはマッサージを受けた後に起こる筋肉痛やハリ、だるさなどの障害です。一般的には下手なマッサージを受けると起こると考えられています。確かに施術者の技術不足が原因で起こるのですが、現れる症状が「だるさ」「痛さ」「ハリ」など一様ではないので、原因もそれぞれの症状によって異なると考えられます。

ここではこの厄介な揉み返しの正体に迫ってみたいと思います。

痛い揉み返しの正体とは?

マッサージを受けた翌日、かえって筋肉痛になったという経験を持つ人も多いと思います。これには以下のような原因が考えられます。

  • 強くマッサージされすぎて筋肉の毛細血管や神経を傷つけてしまっている
  • 血流が改善され、運動したのと同様の効果が得られたので普段運動していない筋肉に負荷がかかり疲労物質が蓄積してしまっている
  • 血流が改善され神経が過敏になってしまっている
  • ストレッチなどで普段動かさない筋肉を動かしたことによってそこに疲労物質が蓄積してしまっている

等です。最初の原因以外は日頃の運動不足によるものなので、コリが強いからといきなり強いマッサージを受けるのは控えるようにしましょう。

ハリを感じるも見返しの正体とは?

これは痛みを感じる場合と殆ど同じで、以下のようなことが原因となります。

  • 血流が改善され、運動したのと同様の効果が得られたので普段運動していない筋肉に負荷がかかり疲労物質が蓄積してしまっている
  • 血流が改善され神経が過敏になってしまっている
  • ストレッチなどで普段動かさない筋肉を動かしたことによってそこに疲労物質が蓄積してしまっている

筋肉は刺激を受けると筋繊維が太くなります。バーベルを持ち上げると筋肉がパンパンに張るのと同じ原理ですね。マッサージは筋肉に刺激を加える行為なので日頃から運動不足の人はこの刺激によって筋肉にハリが出てくると考えられています。ハリは数日で自然消失していくので痛みが無い場合は特別な対処は無用でしょう。

だるさを感じる揉み返しの正体とは?

脱力感やだるさを感じる揉み返しは筋肉の構造に関連していると考えられています。最近はスポーツ選手のインタビューなどで「体幹を鍛える」という言葉を頻繁に耳にしますが、この「体幹」とはインナーマッスルを意味しています。筋肉は表面を覆うアウターマッスルとその下にあるインナーマッスルの立体的な二重構造になっています。筋性疲労による肩こりはアウターマッスルの疲労とインナーマッスルの疲労、若しくはその両方の疲労とに分類されます。慢性的な筋疲労性の肩こりの場合はインナーマッスルか両方の筋肉の疲労によるものだと考えられます。

「腕の良い整体師」とはインナーマッスルとアウターマッスルの両方にアプローチし、確実に筋肉の疲れを癒してくれるスキルを持った人と言えるでしょう。逆に慢性肩こりなのにアウターマッスルにしかアプローチされていないとアウターマッスルの疲れは取れてもインナーマッスルは疲弊したままなので、このギャップが「だるさ」や「脱力感」としてあらわれてくるのです。

揉み返しの少ない整体とは?

徒手によるマッサージはインナーマッスルにまでアプローチするのが難しく、揉み返しが起こりやすいと言えますね。お灸も温熱効果がインナーマッスルにまで届いていないとだるさを感じる揉み返し(実際には揉まれていませんが。。。)が出やすい施術です。一方で鍼はインナーマッスルにまでアプローチしやすい方法なので二次的な症状が出にくいと言えます。

同時に骨格を矯正するカイロプラクティックも確実にインナーマッスルにアプローチするので揉み返しが出にくい手技だといえます。ただし、鍼は金属アレルギーがある人には不向きですし、骨に障害がある場合はカイロプラクティックもリスクが高いと言えます。

いずれにしても腕の良い整体師を捜すにはある程度ポータルサイトやSNSで口コミ評判の良い整体院を探して、最初は軽めの施術からスタートするのが無難な選択方法であると言えますね。


著者紹介 シュギjp編集部さん

執筆コラム一覧