ヘルプ

<< アメプレス アメーバキング のページ検索結果にもどる

このページでは http://ame-press.net/hikaku-amebaking/ のキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:アメプレス アメーバ キング

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

アメプレス×アメーバキング徹底比較 | アメブロ削除復元×集客ツールAmepress(アメプレス)独自特典付 | Amepress(<b style="color:black;background-color:#ffff66">アメプレス</b>) レビュー |

アメプレスアメーバキングを比較しました

 

アメブロアクセスアップツールの代名詞といえばアメーバキング

非常に多くの方が使っている、大人気のアクセスアップツールですね。

私も今でも長いことお世話になっています。
現在は、アメプレスアメーバキングの両方を使っています。

二つは元々は使用目的が全然違うツールでした。

しかし今はアメーバキングが2になり進化したので、両者の使い道に差はありません。

ではどちらが機能面で優れているのか?

アメプレスアメーバキングを徹底比較してみたいと思います。

 

アメプレス×アメーバキング徹底比較

以下は、アメーバキングアメプレス、アメDXの比較表です。

2

機能の多さはアメーバキングの圧倒的勝利ですね。

特に他ブログ自動連携機能や予約機能が嬉しいです。

また、登録可能ID数が無制限なのも大きいですね。

もっともこれは、たくさんのアメブロを作る予定のない方にはあまりメリットはありませんが。

 

【自動読者登録・自動ペタ・自動いいね比較】

アメプレスにもアメーバキングにも共通しているよく使う機能、自動読者登録、自動ペタ、自動いいね。

これらの性能も比較してみました。

が、特に大きな違いはありません。

スピードも調節可能だし、ID抽出の方法もほぼ一緒です。

気になる違いは、この部分でしょうか。

自動設定

これは、アメーバキングの自動設定の画像です。

ご覧のとおり、ペタや読者登録の際、チェックを入れたブログを自動でスキップしてくれる機能なんですが、この部分でアメーバキングの方が多少勝っています。

アメプレスには、ページランクの指定がないんですね。

アメプレス 自動設定
 

自分のページランクを上げるためには、
ページランクが高いブログにどんどん読者登録する必要があります。

アメプレスでは、それができないんですね。

そもそもアメプレスを使いアメブロとワードプレスを連動させた場合、
ミラーサイト対策のためアメブロはGoogleに認識されない仕組みになっています。

なので、アメプレスを使うならページランクとか関係ありません。
だからページランク機能が付いてないのかな?

とは言ってもアメーバキングにもワードプレスとの自動連係はあるわけで、やはりアメーバキングの方が1枚上手と言わざるを得ません。

 

【読者メンテナンスとアメブロバックアップ比較】

読者メンテナンスとアメブロのバックアップも両方にある機能です。
次は、こちらを比較してみましょう。

【読者メンテナンス比較】

これは、全くと言って良いほど同じです。

削除したブログを除外リストに入れられるとこまで同じ。

なぜか読者メンテナンスにはアメプレスにもページランクの指定がありますので、ここも同じ。

スピードは、ややアメーバキングの方が早い気がしますが、
どうせ自動解除なのであんまり気にしなくても良いです。

という事で、ここは同点です。

【アメブロバックアップ比較】

これも、同点です。

アメーバキングアメプレスもバックアップできる点は一緒。

アメプレス バックアップ
もちろん両ツールともバックアップ後の復元機能もついています。

通常、アメブロが削除された後、新らしいアメブロを立ち上げて復活するには、

記事を一つ一つ手作業で復元していかなければならない。

これが、今までの常識でした。

でも今は違います。

クリック一つで自動で復元してくれるんです。



これは本当に画期的なことです。
こんなに楽な事はありません。

このバックアップ機能のためだけに購入するのもアリだと思います。

それほどすごい機能です。

 

アメプレスにあってアメーバキングにない機能】

アメプレスにあってアメーバキングにない機能というのはありません。

あえて言うならフェイスブックとの連動が、アメーバキングの方が設定が少しだけ面倒くさいです。

と言いましても無料のプラグインを入れるだけなので、ほぼ差はありません。

 

アメーバキングにあってアメプレスにない機能】

アメーバキングは幅広い機能を備えているので、アメプレスにはない機能がたくさんあります。

アメーバキング独自の機能をざっと挙げると、

・自動コメント周り
・自動メッセージ送信
・自動なうフォロー

・フォロワーメンテナンス
・ニックネーム自動挿入
・他ブログ自動連係
・ツイッター連携

・スマホ版
・ログ解析
・予約機能

これだけあります。

コメント回りは、被リンクにもアクセスの入口にもなり、集客効果があります。

定型文のコメントやメッセージは個人的にあまり好きではないですが、
間違いなくアクセスアップになりますし、使いようによっては非常に便利な機能です。

大きな違いは、予約機能や他ブログ自動連係でしょうか。

この辺はかなり便利ですし、成果につながりやすい大きなポイントです。

 

結局どっちを使えば良いのか?

 

アメプレスアメーバキング、色々と比較してきましたが結局どっちを使えば良いのか?

頭の中がごちゃごちゃになっている人もいることでしょう。

総合的に判断して、アメーバキング1択と言っていいでしょう。

 

以前はメインの使用用途が違うツールだったので、その人の目的に合わせて選ぶのが一番でしたが、現在はアメーバキングが進化してしまったのでアメプレスを選ぶ意味はあまりありません。

 

使い勝手もアメーバキングの方が上です。

IDの抽出から読者メンテナンスから、何から何まで処理速度が速いです。

特にID抽出は毎日使う機能なので、ここに掛かるストレスが段違いですね。

 

また、アメーバキングは頻繁にアップデートします。

これにより使い勝手がよくなったり、エラーがすぐに修復されたりします。

対してアメプレスのアップデートは頻繁ではなく、ツール使用者に親切なのはアメーバキングですね。

 

あっ、アメーバキングのメリットがもう一つありました。

アメーバキングには、無料体験版があります。

アメーバキングを使うなら、まずは無料体験版を使いましょう。

アメーバキング 無料体験版

 


どちらも月額2980円。

1日100円とはいえ、けっして安い買い物ではないです。
じっくり考えて決めてください。

 

私はアメプレスアメーバキング共に、豪華な購入特典をお付けしています。

どうせ購入するなら、特典付きでどうぞ。

内容は、こちらからご確認ください。
アメプレスの特典はこちら
アメーバキングの特典はこちら

アメーバキングに関して、もっと詳しく知りたい方はこちら
アメーバキング.com

 

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報