ヘルプ

<< 高知 内裏 のページ検索結果にもどる

このページでは http://www.kochinet.ed.jp/bunkazai/details/410-2/410-2-14.htm のキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:高知 内裏

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

県指定 史跡  −高知県教育委員会文化財課−
 

戻る

 

 
土  佐  国  衙  跡



   とさこくがあと



    高知県史跡           指定年月日 : 昭和38年 7月 5日



   高知県南国市比江(ひえ)   ・  南国市
         


   比江地区の北方に紀貫之(きのつらゆき)邸跡がある。 この邸跡を含め、その南方の方6町(ほうろくちょう)あるいは方
  4町が土佐国府跡といわれている。 この土佐国府の中心が土佐政庁こと、土佐国衙(こくが)である。
   この土佐国衙跡を明らかにするため、昭和54年(1979)から平成3年(1991)まで、国府のなかの主要な地点を選定
  し、発掘調査がなされ、周辺官衙跡は発見されたが、中心政庁の国衙跡は発見されなかった。
   土佐国衙跡の碑の建っている所の字名は「コクチョウ(国庁)」、紀貫之邸跡のある所の字名は「ダイリ(内裏)」で
  あるなど字名が国衙の所在を知らしめるようであるが、発掘では国衙跡は発見されなかった。
   まだ未発掘の地点に問題の国衙跡が地下に眠っているのだろう。