ヘルプ

<< 創価学会 麻生会館 のページ検索結果にもどる

このページでは http://www.city.kawasaki.jp/980/cmsfiles/contents/0000046/46723/260207machi1-1.pdf をHTMLに変換して表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:創価 学会

変換前のファイルはこちらから確認できます。

※Netscape4.0と4.7では正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

平成26年まちづくり委員会
Page 1
平成26年まちづくり委員会
委 員 会 資 料
陳情第147号
住居環境と地域環境の立場に立った創価学会文化会館建設計画
の見直しを求める陳情
目 次
建築計画の計画概要 ··································································· 1
川崎市建築行為及び開発行為に関する総合調整条例の手続きの経過 ·· 2
案内図 ····················································································· 3
● 配置図 ····················································································· 4
● 平面図 ····················································································· 5
● 立面図 ····················································································· 6
● 等時間日影図 ············································································ 7
● 造成計画平面図 ········································································· 8
● 造成計画断面図(1) ································································ 9
● 造成計画断面図(2) ····························································· 10
● 東側擁壁断面図 ······································································ 11
● 陳情に対する事業者の見解 ······················································· 12

Page 2
創価学会麻生文化会館新築工事」
建 築 計 画 の 計 画 概 要
1 事 業 者
住所 東京都新宿区信濃町 32 番地
氏名 創価学会
代表役員 正木 正明
2 設 計 者
住所 東京都新宿区愛住町 8 番地 8
氏名 株式会社 創造社
鈴木 一三
3 工事施工者
住所 横浜市西区みなとみらい 3−6−3
氏名 大成・ピーエス三菱建設共同企業体
代表者 大成建設株式会社横浜支店
常務執行役員支店長 近内 滋
4 事業計画の名称
創価学会麻生文化会館新築工事
5 建設地の地名・地番 川崎市麻生区東百合丘四丁目 16 番 9
6 地域地区等
用 途 地 域
第一種中高層住居専用地域
防 火 指 定
準防火地域
高 度 地 区
第二種高度地区(最高高さ15m)
指定建ぺい率
60%
指 定 容 積 率
200%
日 影 規 制
3h/2h・4m
7 建築物の用途
礼拝所
8 構造及び階数
鉄筋コンクリート造 地上3階
9 敷地面積
4,200.68?
10 建築面積
772.03?
11 延べ面積
1,706.94?
12 建築物の高さ
13.85m
13 駐車場
63台
14 駐輪場
55台
15 予定工期
平成26年4月1日∼平成27年12月25日

Page 3
創価学会麻生文化会館新築工事
「川崎市建築行為及び開発行為に関する総合調整条例」の手続き等の経過
平成25年10月 1日
10月 7日
10月10日
10月16日
10月22日
10月26日
11月 2日
10月26日∼11月 4日
11月19日
11月20日
11月28日∼12月 3日
12月 5日
平成26年 1月 7日
1月 8日
1月14日
事業者からの事前届出書 受理
事業者からの事業概要書 受理
事業者が標識を設置
事業者からの標識設置届 受理
住民説明会(近隣関係住民 10名)
住民説明会(近隣関係住民 3名)
住民説明会(近隣関係住民 19名)
近隣関係住民から事業者へ要望書提出(23通)
事業者が要望書に対する見解書を近隣関係住民に郵送
事業者からの説明報告書 受理
近隣関係住民から市長への意見書 受理(19通)
事業者から公共施設管理者との協議書 受理
事業者へ近隣関係住民から提出された意見書を送付
事業者から意見書に対する見解書 受理
事業者が意見書に対する見解書を近隣関係住民に郵送
事業者からの承認申請書 受理
承認通知書 交付
今後の手続き
都市計画法に基づく開発許可申請
建築基準法に基づく建築確認申請

Page 4

Page 5

Page 6

Page 7

Page 8

Page 9

Page 10

Page 11

Page 12

Page 13
1
1
2
2
3
3
4
4
道路が小・中学校に通じる通学路であ
り、学童たちに与える交通安全上の危
険が増加します。
川崎市教育委員会と協議したところ、事
業区域は指定通学路には該当しておりま
せんでしたが、児童生徒の通学時間帯の
安全確保に配慮するようにとのことでし
た。午前7時30分から8時30分の登校時間
については、会合開催時間帯ではないの
で問題ないと思われます。午後2時から4
時までの下校時間帯は、平日昼の会合解
散時間帯に重なる場合がありますので、
必要に応じて誘導員を配置するなど安全
に配慮してまいります。
陳情に対する事業者の見解
集会の度に各地から押し寄せるであろ
う月数万人の信者による交通問題(道
路の渋滞、排気ガス、住宅地の中の違
法駐車、夜間の自動車のエンジン音、
バスの混雑)などが懸念されます。
会員の車でのアクセスルートについて
は、会員の居住地域に応じてルートを限
定するなど、特定の道路に集中しないよ
う対応をしてまいります。また、収容能
力を超えないよう駐車券を発券し管理す
るとともに、車を利用できない会員につ
いては、公共交通機関の利用を促しま
す。開館後の運営につきましては、課題
があれば検討し、ご近隣にご迷惑をかけ
ないよう改善してまいります。
特に路線バスにおいては、起伏の激し
い地形であることから、地域居住者及
び通学、通勤者の主な交通手段となっ
ています。大きな集会の際の発着駅
(新百合ヶ丘、百合ヶ丘)から近隣バ
ス停(三井第一住宅、団地坂上)はも
とより、全てのバス停において混雑や
乗り切れない状態が発生し、病院への
通院や日常の買い物等移動の手段が奪
われます。
現在のバス利用状況を小田急バス?に確
認したところ、朝、駅に向かう時間帯を
除き、最も混雑する路線は、新百合ヶ丘
駅及び百合ヶ丘駅発、聖マリアンナ病院
行である。路線上に学校があることもあ
り、病院に行く方と学生で混雑するが、
ピークは午前9時までであり、創価学会
会合利用時間帯とは重複しない。1時間当
たり、便が少ない昼間の時間帯でも2路線
で5∼6便ある。乗車人数は、新百合ヶ
丘駅発で20∼30人、百合ヶ丘駅で1
0∼20人であり、十分な輸送能力があ
るとのことでしたので、会合利用者によ
り、一般バス利用者が乗れなくなるよう
な事象は起こらないものと考えます。
隣接する住宅との間に高い擁壁とV字
溝が建設され、住民に圧迫感を与える
だけでなく、大雨時の雨水処理に危険
を来す計画です。
学会側擁壁をセットバックして通路ス
ペースを確保する方法と溝を埋める方法
があります。溝を埋めるには、隣接する
皆様全員の施工同意が必要となります。
同意をいただければ、皆様にご負担をか
けることなく当方で施工させていただき
たいと思います。今後、隣接する皆様と
図面により具体的に提案内容を説明させ
ていただきながら、御意見をいただく場
を設けさせていただきたいと考えており
ます。
事業者の見解
陳情の内容