ヘルプ

<< ラジオの電リク今や昔…メールに押され電話窓口次々廃止 のページ検索結果にもどる

このページでは http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/OSK200904110015.html のキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:ラジオ リク 今や メール され 電話 窓口 次々 廃止

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

asahi.com(朝日新聞社):ラジオの電リク今や昔…メールに押され電話窓口次々廃止 - テレビ・ラジオ - 映画・音楽・芸能
現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

ラジオの電リク今や昔メールに押され電話窓口次々廃止

2009年4月13日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真スタジオの片隅に置かれた電話リクエスト用の電話機。普段は受話器を上げたままにしてある=神戸市中央区のラジオ関西、西畑志朗撮影

 関西のラジオ番組でこの春、リスナー向けの電話窓口が相次いで廃止された。メールやファクスでのアクセスに押され、電話利用が減っていた事情もあって、番組改編や経費削減の波にのまれた。かつて隆盛を誇った音楽番組の電話リクエストも消えつつある。年配のファンからは、一時代の終わりを惜しむ声が絶えない。

 朝日放送(ABC、大阪市福島区)の看板番組「おはようパーソナリティ道上洋三です」(平日早朝)が、リスナー投稿用の電話窓口を廃止したのは今月3日。オペレーター10人が電話応対し、聞き取った内容をアシスタントディレクター(AD)が選んでプロデューサーに伝えていたが、メールなどに比べて手間がかかる、との理由だった。

 同局では、ほかの2番組の電話窓口も同時期にやめた。編成制作部の担当者は「ここ数年、通信手段の選択肢が増えて投稿数が伸びる半面、スタッフの数は減るばかり。番組進行の効率を考えた」。3月末に窓口廃止を告知した際、「寂しい」などの声が10件ほど寄せられたという。

 毎朝のように電話してきた高齢男性から「長い間いろんなこと言うて悪かったなあ。話を聞いてもらうのが楽しみやった」と言われ、涙が出た――。そんな話を電話窓口終了後、オペレーターの送別会で聞かされたという道上洋三・エグゼクティブ・アナウンサー(66)は「電話は多くの人の力を積み重ねてリスナーの思いを受け止めてきた」と振り返る。「かかった人の数だけ思いが詰め込まれ、マイクの前に届いていた。その思いを今後は少ない人間で感じていかなければならない」

 平日朝、吉本興業の芸人が日替わりで出演するラジオ大阪(OBC、同市港区)の人気番組「むっちゃ元気スーパー!」でも、電話窓口が3月いっぱいで廃止された。経費削減で番組のADが2人から1人に減り、オペレーター役に人員を割けなくなった。担当者は「サービス低下と言われても仕方がない」と嘆く。

 毎日放送(MBS、同市北区)の「西靖&桜井一枝のわくわく土曜リクエスト」では、電話でリクエスト曲を受け付ける「電リク」が3月末で終了し、メール、ファクス、はがきのみの受け付けとなった。春の番組改編で放送時間が短縮されたためだが、一方で一般番組での電話投稿は継続する。担当者は「大阪の人は話すことが面白い。番組で生かさない手はない」。

 電リクは1952年、ラジオ神戸(現・ラジオ関西)がクリスマスの特別番組で実施したのが全国初とされる。60~70年代には、各地のラジオ局に並んだ黒電話がひっきりなしに鳴った。ライブ感があり、双方向性に優れた電話窓口は、情報番組の投稿でも活用されるようになったが、ファクスやメールの台頭で次第に追いやられていった。

 先駆者のラジオ関西(神戸市中央区)でも電リクは88年に、一般番組での電話投稿も06年に消えた。かつて使った電話は年1回程度の特番で利用するだけという。

 そんな電リクも東京では健在だ。ニッポン放送(千代田区)は今月5日、「デジタルにはない臨場感がある」として、日曜朝の音楽番組で、長年途絶えていた電リクを復活させた。初回は電話が殺到したという。文化放送(港区)の編成部担当者は「電話はリスナーの生の声を聞ける重要なツール。ニーズはなくならない」。同局は音楽番組やトーク番組など複数の番組で電話窓口を維持している。(宮崎園子)

検索フォーム
キーワード: