ヘルプ

<< 春日敏夫 のページ検索結果にもどる

このページでは https://ilc.kek.jp/LCoffice/OfficeAdmin/Top_Archives.html のキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:春日 敏夫

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
-> キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

トピックス一覧 << ILC リニアコライダー計画(KEK)

2010 (I L C トピックス) 2009 2008 2007

         ホーム | ENGLISH | KEK

第5回 I LCスクール 開催のお知らせ  
(the fifth International Accelerator School on Linear Colliders)

第5回I LCスクール(2010年10月25日-11月5日)が、ヴィラール-シュル-オロン(スイス)で開催されます。 ILC-GDE(国際共同設計チーム)の大切な使命のひとつは、次世代の加速器物理の研究者を育てることです、、、 詳細は ILC NewsLine(4/15発行)  をご覧下さい。







LHC 本格稼働 (CERN) (2010/3/30)

CERNは世界最強の粒子加速器LHCで、最初の物理実験を先週よりスタートさせ、3/30、衝突エネルギー7兆電子ボルトでの陽子衝突に成功しました。ILCのこれからの未来はLHCの実験結果にかかっています。

詳細は
・ILC NewsLine(4/8発行) 
・KEK研究者向けページの
ニュース
  をご覧下さい。








GDE ミーティング (北京) (2010/3/26-30)

3月30日、北京会議は、盛況のうちに幕をおろした。この会議の成功は、ほぼ300人の参加と組織委員会メンバーの努力によるものである。時を同じくして、ジュネーブでは、LHCが素粒子物理学の歴史の新しい1ページを開いた。「今日は記念すべき日です」と、国際リニアコライダー運営委員会(ILCSC)委員長、Jon Bagger氏は最終日のトークで語った。 つづきは日本語版NewsLine(4/1)をご覧下さい。 
その他の写真はこちら Photo: Jie Liu and N.Toge







2009年度 退職者 退職記念セミナー・懇談会を開催 (加速器研究施設)
(2010.03.23)

DSC01179m 20100323Di-0309m 3月23日、つくばキャンパスにて加速器研究施設退職記念セミナーが行われました。 加速器研施設では、三十年以上という長きに渡り加速器分野の最前線で並々ならぬご尽力を賜りました下記の8名の方が2010 年3 月31 日で定年をお迎えになります。 退職される皆様は春日敏夫、高野進、二宮重史、野口修一、光延信二、山崎良成、吉岡正和、馬場芳子の各氏。
記念セミナーでは、野口修一、光延信二、山崎良成、吉岡正和 各氏の講演が行われ、KEKでの研究活動の軌跡と将来のKEKの進むべき道に向けての先輩としてのアドバイス等に、沢山の参加者が熱心に耳を傾けていました。また記念セミナー終了後は、8名の退職者の皆様への感謝と慰労、そして今後の更なるご活躍を祈念する懇親会が開催されました。
加速器研究施設 HP より







野口修一教授 退官記念 記念撮影 (STFグループ 2010.03.08)

20100308Di-0147m S1-G用クライオモジュール-Aに組み込む日本製4連化空洞を前に、野口修一教授の退官記念の記念撮影をSTFスタッフと共に行いました。

詳細はNewsLine(3/25号)をご覧下さい。




写真日記 STF Photo: N.Toge







写真日記 STF(2010/3/12-19

20100312Di-0248m 20100313Di-0028m 20100316Di-0050m 20100317Di-0044m 20100317Di-0162m 20100319Di-0133m




< 上3枚 >
S1- グローバル用クライオモジュールCのSTFトンネル内への設置作業とその冷却配管の溶接作業。







































< 下3枚 > デニス コスティン氏(DESY)によるクライオモジュールCの"DESY/FNAL空洞"へのインプットカップラーの取り付け作業。




















写真日記 STF

2010/3/12-13

2010/3/16-17
2010/3/18-19

Photo: N.Toge / Text: E.Kako







写真日記 STF(2010/3/8)

20100308Di-0061m 3/5、S1-G用クライオモジュール-Aに組み込むMHI製KEK空洞4台のクリーンルーム内での4連化作業が無事に完了しました。






写真日記 STF 2010/3/8 Photo: N.Toge







写真日記 STF(2010/3/2-3)

20100302Di-0251m 20100302Di-1090m 20100303Di-1494m 20100303Di-1529m S1グローバル実験に使うCryomodule-Aに組み込む日本製の超伝導空洞4台の連結作業と入力結合器の取り付け作業風景 (CLASS10のSTF棟クリーンルーム内にて)。

写真日記 STF 2010/3/2 / 写真日記 STF 2010/3/3 Photo: N.Toge








写真日記 STF(2010/1/26)

20100126Di-0149155m AES004, ACC011, Z108 とZ109 からなる4空洞ストリングはクリーンルームの外に出され、液体ヘリウム供給パイプの溶接を待っている。(1/25-2/1)その後、チューナーの取り付けが始まる。(2/8の週)

写真日記 STF (その他の写真もご覧になれます) Photo: N.Toge






写真日記 STF(2010/1/19)

20100119Di-0450m 20100119Di-0762m S1-global 実験に使うためのDESY 空洞 2台と、FNAL 空洞 2台の組み立てが完成。
FNAL(3名)とDESY(2名)から来訪したスタッフは1/24に帰国されました。

写真日記 STF (その他の写真もご覧になれます) Photo: N.Toge






写真日記 STF(2010/1/16)

20100115Di-0060m 20100116Di-0022m 20100116Di-0119m 20100116Di-0255m FNALより3名、DESYより2名の技術者がKEKに到着。
S1-global 実験に使うためのDESY 空洞 2台と、FNAL 空洞 2台の組み立てが始まる。

写真日記 STF (その他の写真もご覧になれます) Photo: N.Toge