ヘルプ

<< 本田海月 結婚 のページ検索結果にもどる

このページでは http://www1.plala.or.jp/neiro/fta/kurage.htmのキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:本田

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
→ キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

本田海月さんって

ColumnI がらすの夢

音を見せてくれる人~本田海月さん


この2年ACEさんの魅力を語ってきたバレンタインコラムですが、face to ace コンテンツということで、今年は本田海月さんについて、こんなこと思っていますということを、自分の活動の変遷も交えて、少々語らせていただきたいと思います。

■出会い

私が本田さんを初めて知ったのは、GRASS VALLEYのデビューの頃、・・・だから、1987年頃ですね。
・・・といっても、背の高いキーボードの人というぐらいの認識で、かろうじてお名前がわかる程度(^^;。
それも、聖飢魔IIの弟バンドということで存在を知っていたぐらいで、当時は本当に歪んだギターのハードな音のバンドが好きだったこと、また私生活(?笑)では、YMOでダンスを踊らされたり、エレクトーン習わされたり、電子楽器の販売のバイト、と数年間の電子音生活を強いられた(?笑)ためか、そういった音が早くも少しいやになっていて、積極的に聴くことはなかったんです。ただ、デビューアルバムについては、
デビューにしてこの完成度、すごいバンドが現れたものだと僭越ながら思っておりました。それは今聴いても感じます。
そんなバンドのキーボーディスト、デーモンさんの番組に、メンバーで出演されたときも、大人しいメンバーが多い中、出口さんとともに発言されている
本田さんに、「この人はバンドの音を担ってる人なんだろうか」などと思ったりしていました。

■キーボーディストとして

次に本田さんを意識したのは89年とか90年とか、その頃。ハードな音が好きといっていた私ですが、やはり根は鍵盤弾き?割とすぐに、当時流行の、PCM音源とかFM音源とか、電子音なんだけど、深みがあってリアルでキラキラした音・・・に惹かれていきまして、ハードな音でも、キーボードのいるアースシェイカーとか、なにより、レベッカの土橋さんのアレンジや音が好きで、いつのまにかヘビメタは捨てて(^^;ポップなロックへと走っていました。

そんな時本田さんが、キーボード雑誌でその土橋さんと対談されてまして、そこで、ちょっとした衝撃を受けたのです。
本田さんは「ROCKから音楽にはいったんじゃなくて、始めた頃は、すでにYMOとかあって、いわゆるシンセ小僧のハシリだった。」と、同世代の私的には、ひえ~っでした。
確かに微妙な世代ではあるんですが、同世代の大多数は、ピアノとか習ってて、ロックバンドやってる友達に「ピアノやってんなら、ちょっとキーボード弾いてよ。」とか誘われて、なんか必ずディープパープルとか弾くハメになって・・・。そこで「あ~こんなフレーズ弾けねぇよ。おぉ~っし、特訓だぁ~。」なのか、「こんな体力つかわなくったって、いい音つくって、打ち込んじゃえばいいぢゃん~」なのか、そういう紆余曲折を経てだんだん好きな方向に・・・みたいなキーボーディスト誕生の図式が私の中にできあがっていたもので、
同世代でロックを通らず、いわゆる”シンセ小僧”がもうプロとして、世にでているというのは、結構驚きだったんです。本田さんの、作品全体をみて立体的に音を操れる感性、音に匂いや色を見せてくれるような魔力って、もしかして、こ~ゆ~根本が違うのかも、と本気で思うことあります。

■感性 

「サウンドは研究すれば、かなり近い線まで模倣できるけど、メロディやアレンジのオリジナリティは、絶対模倣できない。」というようなことをACEさんがおっしゃっていました。
確かに・・・、それに音は模倣したとしても<素材>として、<創造>に結び付けられる気もしますが、ある意味、メロディやアレンジに模倣はありえないかも。

本田さんが、あの素敵な音の数々とその組み合わせをどのような、プロセスを踏んで生み出しているのか、わかりませんが、「face to aceを始めるまで、こんなにメロディにこだわったことがなかった。メロディにちゃんとオリジナリティがあると気づかせてくれたのがface to aceだった」とおっしゃってたのが、印象的でした。

よくface to aceを<面で表現している>といい表してしまうのですが、本田作品は特に、アレンジとメロディが溶け込んでる感じがするんです。メロディも確かに好きなんですが、曲全体でふわっと気持ちよくしてくれるって気がする。

ACEさんはメロディ自体にドラマがある。それをさらに広げてるのが、本田アレンジだと思っています。

理論を大切にするACEさんと、感性を大切にする海月さん、この言い方は語弊があるかもしれませんが、根底にあるものが違うから、方向性が一緒でも独創性のあるおもしろい作品を生み出すお2人なんではないかと思っています。

もちろん、この場合の「理論」は「理屈」ではなく、「感性」も「思いつき」だとは思っていません。

・・・それに、これはホントに怪しい記憶ですが、音楽一家のサラブレッドのACEさんは有名ですが、海月さんも、そういうご家庭にお生まれなのでわ・・・??生まれもった感性?

(2003年2月14日)