ヘルプ

<< しっぺ返しとは のページ検索結果にもどる

このページでは http://gogen-allguide.com/si/shippegaeshi.htmlのキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:しっぺ返し

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
→ キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

しっぺ返し(しっぺがえし) - 語源由来辞典

しっぺ返し

【意味】 しっぺ返しとは、ある事をされたとき、即座に仕返すこと。

【しっぺ返しの語源・由来】

しっぺ返しは、もと「竹篦返し(しっぺいがえし)」。
「竹篦返し」の「竹篦」とは、座禅の際、戒めのために打つ道具で、割った竹に漆を塗った細長い板状のもの。
「竹篦」は、鎌倉時代に禅宗の伝来とともに伝わった。
大寺院の場合、高徳の僧が交代で「竹篦」を打つ役を務め、打たれた者も打ち返す立場になることから、やられたことを即座にやり返すことを「竹篦返し」と言うようになり、「しっぺい」の「い」が消え「しっぺ返し」となった。
また、人差し指と中指を揃え、手首のあたりを打つことも「しっぺ」という。
これは指を「竹篦」に見立てたもので、1603年刊の「日葡辞書(にっぽじしょ)」にも解説されており、このような行為が古くから存在したことがうかがえる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング



Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス