ヘルプ

<< ソフトバンク のページ検索結果にもどる

このページでは https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AFのキャッシュを表示しています。

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
→ キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

ソフトバンク - Wikipedia

ソフトバンク

日本の電気通信事業者

ソフトバンクグループ > ソフトバンク

ソフトバンク株式会社: SoftBank Corp.[5])は、ソフトバンクグループの連結子会社にして、携帯電話などの無線通信サービス移動体通信事業者〈MNO〉)および長距離国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者

ソフトバンク株式会社
SoftBank Corp.
本社およびグループ各社が入居する 東京ポートシティ竹芝
本社およびグループ各社が入居する
東京ポートシティ竹芝
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
東証プライム 9434
2018年12月19日上場
(以下は過去のデータ)
東証1部 9434
1994年9月6日 - 2005年8月1日
略称 SBKK
本社所在地 日本の旗 日本
105-7529
東京都港区海岸一丁目7番1号 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー[2]
北緯35度39分18.4秒 東経139度45分38.2秒 / 北緯35.655111度 東経139.760611度 / 35.655111; 139.760611座標: 北緯35度39分18.4秒 東経139度45分38.2秒 / 北緯35.655111度 東経139.760611度 / 35.655111; 139.760611
設立 1986年12月9日[注 1]
業種 情報・通信業
法人番号 9010401052465 ウィキデータを編集
事業内容 移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供[2]
代表者 代表取締役会長 宮内謙
代表取締役社長執行役員兼CEO
宮川潤一
代表取締役副社長執行役員兼COO
榛葉淳
代表取締役副社長執行役員兼COO
今井康之[2]
資本金 2043億900万円
(2022年3月31日現在)[4]
発行済株式総数 47億8714万5170株
(2022年3月31日現在)[4]
売上高 連結: 5兆6906億0600万円
単独: 3兆3397億7600万円
(2022年3月期)[4]
営業利益 連結: 9857億4600万円
単独: 5568億3900万円
(2022年3月期)[4]
経常利益 連結: 8803億6300万円
単独: 5267億6000万円
(2022年3月期)[4]
純利益 連結: 5839億5200万円
単独: 3642億1900万円
(2022年3月期)[4]
純資産 連結: 1兆6752億0000万円
単独: 8653億8700万円
(2022年3月31日現在)[4]
総資産 連結: 12兆7079億1300万円
単独: 5兆1559億7100万円
(2022年3月31日現在)[4]
従業員数 連結: 49,581人
単独: 18,929人
(2022年3月31日現在)[4]
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ[4]
主要株主 ソフトバンクグループジャパン 40.68%
日本マスタートラスト信託銀行 (信託口) 10.24%
日本カストディ銀行 (信託口) 3.04%
STATE STREET BANK WEST CLIENT - TREATY 505234 1.23%
SMBC日興証券 1.01%
JP MORGAN CHASE BANK 385632 0.96%
JP MORGAN CHASE BANK 385781 0.75%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 0.67%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505103 0.67%
JPモルガン証券 0.66%
(2022年3月31日現在)[4]
主要子会社 Wireless City Planning 31.8%
SBモバイルサービス 100.0%
SBエンジニアリング 100.0%
IDCフロンティア 100.0%
SB C&S 100.0%
HAPSモバイル 100.0%
SBペイメントサービス 100.0%
PayPay証券 51.0%
SBテクノロジー 53.0%
Aホールディングス 50.0%
関係する人物 孫正義(創業者取締役)
外部リンク ソフトバンク
特記事項:BBモバイルにボーダフォングループが出資(新株予約権付与・劣後債
連結経営指標は国際会計基準のため、経常利益は税引前利益、純資産は親会社の所有者に帰属する持分、総資産は資産合計。
テンプレートを表示

旧商号はソフトバンクモバイル株式会社2015年7月1日付で商号変更)。日経平均株価およびTOPIX Large70の構成銘柄の一つ[6][7]

携帯電話の「SoftBank」ブランドはSoftBankサブブランドについてはY!mobileおよびLINEMO、協業によるMVNO(仮想移動体通信事業者)や吸収合併により継承した他ブランドPHS事業を含む)などについては、それぞれ別記事で扱う。

概説

会社組織上の原点は、日本国有鉄道分割民営化に先立ち、1986年に国鉄の鉄道電話事業の継承を目的として設立された、JRグループ鉄道通信株式会社である。

その後の1989年、旧国鉄が新電電(NCC)の子会社として設立した日本テレコム(初代)を吸収合併。日本テレコム(2代)へ改称した。

1991年、日本テレコムは携帯電話(移動体通信)事業に参入するため、関東甲信東海近畿の各地域においてPacific Telesis(その後、移動体通信をAir Touchに分割)、JRグループ他との共同出資により、デジタルホングループを設立。

一方で、北海道東北北陸中国四国九州では、1994年日産自動車他との共同出資により、デジタルツーカーを設立。IDODDIセルラーと同じく、ローミングにより全国サービスを提供した。

1997年、デジタルホンおよびデジタルツーカーの共通ブランドとして「J-PHONE(ジェイフォン)」を制定。

1999年、デジタルツーカーがデジタルホンの地域会社に吸収合併される。

2000年、ジェイフォン(旧アイエムティ二千企画。Vodafone Groupとの合弁会社)が、デジタルホンの地域会社の子会社化・吸収合併を経て、日本全国1社体制へ移行した。

同年11月、国内で初めてカメラ付き携帯電話J-SH04)を市販化し、キャンペーンの一環として行った「写メール」はジェイフォンのシェアを引き上げるきっかけとなった。

同年、Vodafone Group(イギリスの大手通信会社)が、ジェイフォンのM&Aによる日本事業への参入を図っていた。一方で、親会社の日本テレコムは乗っ取りを懸念し、BT GroupAT&Tからの出資を受け入れていた(1999年)。

しかし2001年10月、環境の変化とVodafone Groupによる日本テレコムの一部株式の買収に成功したことに伴い、日本テレコムおよびジェイフォンは同グループの連結子会社となった。

これを受けて、宣伝や端末などには「J-PHONE」と「Vodafone」を併記したシンボルロゴを直ちに採用。2002年には第3世代移動通信システム(3G)のサービスとして「Vodafone Global Standard(後にVodafone 3Gを経て、SoftBank 3G)」を開始した。

2003年10月、Vodafone Groupは、日本テレコムホールディングス(旧日本テレコム(2代))から新設分割した日本テレコム(3代)をRipplewood Holdings LLCへ売却。翌11月、ジェイフォンはボーダフォン株式会社へ商号変更を実施。

他方で、2004年7月、ボーダフォン(日本)では競合他社との料金面での競争激化や通信エリアの不満から解約数が多くなっていた[8]

2006年3月、BBモバイルによる携帯電話事業参入を計画していたソフトバンクが、ボーダフォン(日本)の株式・資産・負債を買収する旨を発表[注 2][9]

同年10月1日、ボーダフォン(日本)はソフトバンクモバイル、日本テレコムはソフトバンクテレコム(初代)へ、それぞれ社名変更した。

2007年4月より、口座振替のお知らせ・利用料金の案内など紙面での請求書は有料化された。

2015年4月1日、ソフトバンクモバイルがソフトバンクBBソフトバンクテレコム(2代)、ワイモバイルを吸収合併。これに伴い、完全親会社のBBモバイルの出資が75.81%、ソフトバンクで24.18%(グループ合算で99.99%)、その他0.01%の出資構成となった。

合併に伴う社名変更は行われずとも、BBおよびワイモバイル(旧イー・アクセス)のADSL事業、テレコムの長距離・国際事業といった固定系通信事業も手掛けることになる。また、ワイモバイルを継承したことにより、一社で固定通信とPHSを兼営することになった。

2015年7月1日、ソフトバンクの商号変更に伴い、ソフトバンク株式会社(2代)へと商号変更。

なお、携帯電話のブランドは過去の経緯などを踏まえて、現在も「SoftBank」と「Y!Mobile」のマルチブランドとして併存している。

同年12月1日付で、モバイルテック(BBモバイルの完全親会社)およびBBモバイルがソフトバンクグループに吸収合併され、同社が99.99%の株式を直接保有することになった。

2021年9月15日から17日までオンライン開催されたビジネスイベント「SoftBank World 2021」基調講演において、孫正義は「ロボットの時代とAIの時代をかけ合わせる、“スマボ”の時代がやって来る」と語り、労働人口減少や生産性の低迷から、競争力が低迷しつつある日本社会の将来を救い、日本の復活のカギになるのは、”スマボ”であるとのビジョンを示した。Tesla Botなどの例を挙げ、具体的にはAIによる自動化や高度な検知・判断機能に加え、ディープラーニングによる作業の正確化を通じて、これまで人間が行っていた作業を代わりに行うことで、生産性の向上や作業工数の削減につながるとした。

沿革

参照:ソフトバンク公式ホームページ「沿革」(2023年11月4日閲覧)。

1984年 - 1990年

1984年昭和59年)

  • 10月 - 日本テレコム株式会社(初代)創立。

1986年(昭和61年)

  • 12月9日 - 国鉄民営化に先立ち、鉄道通信株式会社が設立。

1987年(昭和62年)

  • 3月 - 第一種電気通信事業許可を取得。
  • 4月 - 国鉄から基幹通信網を承継し、JR電話サービス・専用サービスの営業開始。

1989年平成元年)

  • 5月1日 - 鉄道通信が、日本テレコム(初代。国内専用線・0088市外電話・市外公衆電話サービス)を合併。日本テレコム株式会社(2代)に商号変更。

1991年 - 2000年

1991年(平成3年)

  • 2月 -「0088カード」サービス開始。
  • 7月 - 東京デジタルホン(後のジェイフォン東日本)を設立、携帯自動車電話事業に参入。
  • 11月 - 関西デジタルホン(後のジェイフォン西日本)を設立。

1992年(平成4年)

  • 11月 - 東海デジタルホン(後のジェイフォン東海)を設立。

1994年(平成6年)

  • 3月15日 - デジタルツーカー九州を設立。
  • 4月 - 東京デジタルホンによる携帯・自動車電話サービスの営業開始。
  • 9月6日 - 東京証券取引所大阪証券取引所の各市場第二部に上場。
  • 10月 - デジタルツーカー中国を設立。

1995年(平成7年)

  • 4月28日 - デジタルツーカー東北を設立。
  • 7月28日 - デジタルツーカー北海道を設立。
  • 9月4日 - デジタルツーカー北陸を設立。
  • 10月4日 - デジタルツーカー四国を設立。

1996年(平成8年)

  • 9月 - 東京・大阪の各市場第一部に指定替え。

1997年(平成9年)

  • 2月 - デジタルツーカー四国の開業をもって、携帯・自動車電話事業の全国展開完了。
  • 4月 -「ODN」サービス開始。
  • 10月1日 - 日本国際通信(ITJ。「0041国際電話サービス」)を吸収合併。

1998年(平成10年)

  • 5月25日 - ビーティ・コミュニケーションズ・サービスを設立。
  • 11月30日 - 日産自動車およびAir Touch International社との間で、次世代携帯電話システム「IMT-2000」の事業性を調査することを目的に、アイエムティ二千企画(後のボーダフォン)を設立[10]

1999年(平成11年)

  • 4月 - British Telecommunications PLCおよびAT&T CORPとの間で、包括的提携契約を締結。
  • 8月31日 - ビーティ・コミュニケーションズ・サービスを完全子会社化。同社は、日本テレコムコミュニケーションズサービスに商号変更。
  • 10月 - デジタルホンおよびデジタルツーカーの各社が、「ジェイフォン[注 3]」を冠した商号に変更。

2000年(平成12年)

  • 2月 - アイエムティ二千企画を子会社化。
  • 4月1日 - アイエムティ二千企画が、ジェイフォンに商号変更。
  • 5月 - ビー・ビー・テクノロジーを設立
  • 5月1日 - 日本テレコムコミュニケーションズサービスを吸収合併。
  • 5月9日 - ジェイフォン9社を子会社化。
  • 10月1日 - 合併により全国3社(事業会社)体制へ。
    • ジェイフォン東京が、ジェイフォン北海道、ジェイフォン東北を吸収合併。ジェイフォン東日本に商号変更。
    • ジェイフォン関西が、ジェイフォン北陸、ジェイフォン中国、ジェイフォン四国、ジェイフォン九州を吸収合併。ジェイフォン西日本に商号変更。

2001年 - 2010年

2001年(平成13年)

  • 5月 - 市内電話サービスの提供を開始。
  • 7月 - British Telecommunications PLCおよびAT&T CORPとの包括的提携契約を解消。
  • 10月 - Vodafone Groupによる日本テレコム(2代)の株式公開買付け(TOB)が成立。同グループの連結子会社となる。
  • 11月1日 - ジェイフォンが、ジェイフォン東日本、ジェイフォン東海、ジェイフォン西日本を吸収合併。

2002年(平成14年)

  • 7月 - 連結子会社との会社分割を実施。
  1. 新設分割により、日本テレコム(2代)のシステム・ソリューション事業をジャパン・システム・ソリューションに承継。
  2. 新設分割により、日本テレコム(2代)の携帯電話端末の販売代理店事業をテレコム・エクスプレスに承継。
  • 8月1日 - 純粋持株会社体制への移行。
  1. 新設分割により、日本テレコム(2代)のグループ経営管理を除く一切の事業を日本テレコム(3代。後のソフトバンクテレコム(初代))に承継。
  2. 日本テレコム(2代)は、日本テレコムホールディングス株式会社に商号変更。

2003年(平成15年)

  • 10月1日 - ジェイフォンが、ボーダフォン(初代)に商号変更。
  • 11月14日 - 日本テレコム(3代)の全株式をRipplewood Holdings LLCへ譲渡。
  • 12月10日 - ボーダフォンホールディングス株式会社に商号変更。

2004年(平成16年)

  • 6月 - Vodafone Groupが、ボーダフォンHDの株式をTOBにより追加取得(96.08%)。
  • 7月 - 日本テレコム(3代)が、ソフトバンク(初代。現:ソフトバンクグループ)の連結子会社となる。
  • 10月1日 - ボーダフォン(初代)を吸収合併のうえ、ボーダフォン株式会社(2代)に商号変更。Vodafone Groupの所有割合が97.68%に上昇。
  • 12月 - 海外でも携帯電話のTV電話機能を利用できる「国際ローミングTVコール」を開始。

2005年(平成17年)

  • 1月 - イー・モバイルを設立。
  • 5月13日 - 少数特定者の持株数が上場株式数の90%超となり、東京・大阪の各取引所がボーダフォン株式を監理ポストに指定。
  • 8月1日 - 上場廃止。

2006年(平成18年)

  • 3月17日 - Vodafone Groupが、ボーダフォン株式を含む日本事業をソフトバンクに売却することで合意[注 2]
  • 8月 - BBモバイルを完全親会社とする株式交換により、同社の完全子会社となる。これにより、ソフトバンク(初代)の連結子会社となる。
  • 10月1日 - ソフトバンクモバイル株式会社に商号変更[11]。これに伴い、ブランド名を「SoftBank」に変更。

2007年(平成19年)

2008年(平成20年)

2010年(平成22年)

  • 4月 - ジャパン・システム・ソリューション、ジャパン・モバイル・コミュニケーションズ、ソフトバンクモバイルサポートの3社を吸収合併。

2011年 - 2020年

2012年(平成24年)

  • 2月 - LTEデータ通信サービス「SoftBank 4G」(AXGP方式)の提供を開始。
  • 7月 - 900MHz帯プラチナバンド)を使用した通信サービスの提供を開始。
  • 9月 - FDD-LTE方式の高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」の提供を開始。

2013年(平成25年)

  • 1月 - ソフトバンクが、イー・アクセスを連結子会社化。
  • 2月 - ソフトバンク衛星電話サービスの提供を開始。
  • 3月 - イー・アクセスの1.7GHz帯を活用した「ダブルLTE」の提供開始。

2014年(平成26年)

2015年(平成27年)

  • 4月1日 - ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム(2代)、ワイモバイル(旧イー・アクセス)の3社を吸収合併[12]。これに伴い、移動体通信事業に加え、固定通信事業も手掛けることになる[13]
  • 7月1日 - ソフトバンク株式会社(2代)へ商号変更[14]
  • 7月 - テレコム・エクスプレスを合併。
  • 9月15日 - ソフトバンク・ペイメント・サービスを完全子会社化[15]
  • 12月1日 - ソフトバンクグループが、モバイルテックおよびBBモバイルを吸収合併。ソフトバンクグループの直接子会社となる。

2016年(平成28年)

  • 4月 -「ソフトバンクでんき」の提供開始
  • 4月 - スマートモビリティーサービスの事業化に向け、SBドライブ(現:BOLDLY)を設立
  • 7月1日 - 親会社がソフトバンクグループジャパン合同会社に異動[16]

2017年(平成29年)

  • 4月24日 - ソフトバンクグループジャパンとソフトバンクグループインターナショナルが合併。ソフトバンクグループインターナショナル(現:ソフトバンクグループジャパン株式会社)の子会社となる。
  • 5月15日 - SB C&Sホールディングス(現:SB C&S(2代)[17])を完全子会社化[15]
  • 10月 - 日本テレコムインフォメーションサービスを合併。
  • 10月 - 太平洋横断海底ケーブル「JUPITER」に係る6社共同建設協定を締結

2018年(平成30年)

2019年(平成31年/令和元年)

  • 1月1日 - 主要子会社の商号変更[26]
    • ソフトバンク C&S → SB C&S(初代)
    • ソフトバンク・ペイメント・サービス → SBペイメントサービス
    • ソフトバンク サテライト プランニング → BB Satellite
    • ソフトバンクモバイル サービス → SBモバイルサービス
  • 2月 - MONET Technologiesトヨタ自動車との合弁会社)が開業。
  • 3月 - MONET Technologiesが、日野自動車および本田技研工業との間で、資本業務提携。
  • 6月 - ヤフー(初代)を子会社化。
  • 7月 - 内閣府との間で、災害対応に関する連携協定を締結。
  • 9月 - 5Gの無線局免許を取得。
  • 10月 - インキュデータ(博報堂およびArmとの合弁会社)が開業。
  • 11月 - Zホールディングス(現:LINEヤフー)が、ZOZOを子会社化。

2020年(令和2年)

  • 3月 - Mapbox, Inc.との共同出資により、Mapbox Japan JVを設立。
  • 3月 -「SoftBank 5G」の商用サービスを提供開始。
  • 4月 - KDDIとの共同出資により、5G JAPANを設立。
  • 4月 - 日本通運との共同出資により、MeeTruckを設立。
  • 6月 - みずほフィナンシャルグループとの間で、新たなライフスタイルに対応した次世代型金融事業における戦略的提携を締結。
  • 6月 - 日本ユニシス(現:BIPROGY)との共同出資により、エアトラストを設立
  • 7月 - 東京大学、ソフトバンクグループ、ヤフー(2代)との間で、Beyond AI 研究推進機構を設立。AIの共同研究を開始。
  • 10月 - みずほ証券およびOne Tap BUY(現:PayPay証券)を合弁会社化。

2021年(令和3年)

2022年(令和4年)

2023年(令和5年)

2024年(令和6年)

  • 4月15日 - 当初は1月31日に3Gサービス終了予定だったが、令和6年能登半島地震により移行手続きが困難になっている状況を踏まえ、石川県以外のサービス終了日が4月15日に延期された。サービス終了後は4G5Gに特化し周波数の領域の有効活用に努める[34]
  • 7月31日(予定) - 2024年4月7日時点で契約者住所が石川県であった契約に対する石川県での3Gサービスを終了[34]

主なサービス

移動通信サービス

インターネット接続サービス

固定電話サービス

電気サービス

  • おうち電気

ロボット

携帯電話事業の動向

ソフトバンクモバイルに改称した2007年度から純増数ではNTTドコモKDDI沖縄セルラー電話連合au、ワイモバイル・ウィルコム沖縄連合のイー・モバイルなどを抑え1位となる月が増え、純増数が26か月連続で首位となり、翌月NTTドコモに抜かれるが再度その翌月に首位となるなど激しい加入者競争を繰り広げた。これは「ホワイトプラン」「ホワイト家族24」など契約期間を約束する代わりに基本料金を抑えたプランの人気が高いことに加えて、いわゆるスパボ一括、法人向けには大規模な無料貸し出し(実質の相対無料プラン)を行っていること、2011年夏まではソフトバンクモバイルの専売機種であったiPhoneiPadの人気[35]などが理由として挙げられる。

日本国内の携帯電話契約数(SoftBank+Y!Mobile)は約5,400万契約である[36](2023年9月末現在)。

NTT東西のナンバーリクエストに相当するネットワークサービス(ネットワーク上での非通知拒否)は、国内のMNO(移動体通信事業者)では唯一対応していない。このため、同社のMVNOであるEMOBILE 4G-SWILLCOM CORE 3Gなど、自社回線では対応していながらもMVNO回線では対応していないという現象も生じている[注 4]

口座振替のお知らせ・利用料金の案内など請求書は2007年4月より有料化された[37]

マルチブランド戦略

2015年4月1日にワイモバイルを合併したあと、ワイモバイルが行っていた通信サービス「Y!mobile」を、引き続き自社サービスとして行っており、実質的にSoftbankに次ぐ第2の通信サービス(いわゆるサブブランド)となっている。合併以前は、一方が他方のMVNOとして双方の通信エリアを利用していたものが、合併によりどちらも自社網として利用する形に移行したことになる[注 5]

さらに、2018年4月にはLINEが運営するMVNO・LINEモバイルの株式の51%を取得して子会社とした[39]。これにより、ソフトバンクには自社およびグループ企業を合わせて、SoftBank・Y!mobile・LINEモバイルという3つのブランドを抱えることになった。2021年2月、菅政権の値下げ要望により、オンライン専用廉価プランのLINEMOを発表。LINEモバイルは新規受付は終了した。ソフトバンクでは、上記3ブランドを下記のようにカテゴライズしている[38]

  • SoftBank - 大容量ユーザー・ビジネスユーザー
  • Y!mobile - ライトユーザ
  • LINEMO - オンライン専用、デジタルネイティブなど
  • LINEモバイル - 小容量ユーザー向け格安SIM(LINEモバイルの新規受付を終了して今のLINEMOの役割をしている)

出資会社の変遷

ボーダフォンによるジェイフォンの買収

ジェイフォンの親会社であった日本テレコム(以下JT)は、デジタルツーカー各社の共同出資者である日産自動車の資本撤退により、同社が債務保証をしていた設備投資にともなう借入金8,000億円の負担やW-CDMAの設備投資を控えていた。1999年にアメリカの旧AT&T、イギリスのBTからそれぞれ15%ずつの出資受け入れにより資金調達を図った。JTの親会社であったJR各社はJT株の33.8%を保持していたため経営権は確保されていたが、国鉄時代からの債務縮小に力を入れていたJRにとってJTはコストがかかる会社でしかなく、さらにJTはJRに断りなく外資導入を決めたため、JRとの関係は悪くなる一方だった。

1999年に事業会社のジェイフォンに直接出資していた米国エアタッチ・コミュニケーションズが英ボーダフォングループ(以下VFG)に買収(2014年にベライゾン・ワイヤレスへ売却)されたことにより、VFGが経営参画(ジェイフォン北海道の社長はエアタッチ出身のジョン・エム・トンプソンだった。トンプソンはのちに専務執行役技術本部長に就任した)。VFGはジェイフォンの買収により日本の携帯電話市場への参入を目論み、2001年にAT&T・BTおよびJR東海JR西日本が手放した日本テレコムの株式を購入。同年9月にはTOB実施によりJR東日本からも日本テレコム株式を取得し、出資比率を66.73%にまで上げてVFGの子会社とした。

日本テレコムを子会社化した直後の2001年10月に逸早くブランドをVodafoneに移行することを決定。J-PHONEVodafoneを併記するデュアルロゴを採用して、ブランド認知度向上を図った。また、さらなる認知度と好意度、選好度向上を目指して、メールアドレスのドメイン強制変更を断行したが、これは大きな反感を買い混乱を招いた。このため、ソフトバンクになった現在においても割り当てられたVodafoneドメインのメールアドレスを初期状態のまま変更しない限り、ジェイフォン時代のドメインを使用したメールアドレスにメールを送信しても受信できるようにしている。

ジェイフォン時代には写メールなどのサービス展開により契約純増数を確実に増やし、2002年3月末には戦略を決めあぐねていたauを全体シェアで追い抜き、わずか1か月とはいえ、累計加入者数で2位となったこともあった[40]。しかし日本とヨーロッパで統一した仕様の端末を出す「コンバージェンス端末」戦略をとったために、「写メール」に続く話題となるサービスを出せなかった。その結果、クアルコムチップの進化とともに「着うた」などのサービスをリリースしたauなど他キャリアにシェアを奪われてしまう。

また、後述する「ボーダフォンから10の約束」をのちに反故する形となったり、ほとんどの利用者にとって事実上の値上げとなった料金改定、端末調達絞り込みによる魅力減など、各施策の多くは裏目に出た。

こうした経緯からVFGは日本事業の見直しを迫られ、元NTTドコモ副社長の津田志郎ヘッドハンティングしたり、設備投資を増加させるなど手を打った。しかし株主からの利益確保への圧力、アメリカにおけるベライゾン社の完全子会社化の失敗、成長市場への資本集中などが重なったことと、ソフトバンクからの買収申し入れもあり、本国のアルン・サリーンCEOが日本事業からの撤退を決断。こうして日本におけるVodafoneの歴史は幕を閉じた。

ボーダフォン買収以前の資本構成

東日本・東海・西日本のジェイフォン地域会社統合以前(2001年2月)のジェイフォン株式会社の出資比率は、以下のとおりであった。

  • 日本テレコム株式会社 - 54%
法人格は鉄道通信に遡り、VFG買収後は日本テレコムホールディングス→ボーダフォンホールディングス→ボーダフォン→ソフトバンクモバイル→ソフトバンクとなっている。

ボーダフォンから10の約束

2003年10月にボーダフォンへ社名変更を行う際に新施策を告知したもの。企業・経営理念のような箇条書きであるが広告展開に過ぎず、同時期になってパケット定額制を導入するなど他社では当たり前のことやサービス名の変更など抽象的なフレーズが占めていた。

これを期に開始したハッピーボーナスハッピータイムなど新割引サービスとインセンティブの支出増加で2004年3月期は減益・赤字決算となり、2004年6月にはハッピータイムを終了。「ボーダフォンから10の約束」は半年ほどで消滅した[41]。その後、約束反故として記者会見などで後々にまで語られることとなる。内容は以下の通り。

  1. 機種変更、お求めやすく
  2. 料金プランや割引サービスをパワーアップ
  3. 先進機能搭載、優れたデザインの携帯を次々と
  4. Eメール受信は今までどおり
  5. 「J-スカイ」は「ボーダフォンライブ!」へ飛躍します
  6. 「ジェイフォンショップ」は「ボーダフォンショップ」へ
  7. もっとグローバルに
  8. TVコールサービスを使いやすく
  9. パッケージプランの提供
  10. 「ジェイフォン」のケータイは引き続きご利用いただけます

ソフトバンクグループによる買収

ソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)は2006年3月17日、英ボーダフォンから日本法人を1兆7,500億円で買収する契約を結んだと発表した。2か月以内に子会社を通じて買取を完了する。買収資金のうちの1兆800億円程度は買収先のボーダフォン株式などを担保に資金を調達するLBO方式であり、残りをソフトバンクやYahoo!JAPANが出資する形でまかなわれることを明らかにした。

当初、英ボーダフォンは日本法人株の一部を継続して保有し、ある程度の影響力を保持しようと考えていたが、ソフトバンクとの幾度となる交渉によって結果として保有株のすべてを譲渡した。しかし英ボーダフォンは日本から完全に撤退するのではなく、両社は戦略提携をし、ジョイントベンチャー(共同企業体)を設立する。また、英ボーダフォンは2006年4月27日までに、3,000億円相当の優先株式・新株予約権と1,000億円相当の劣後債の投資をBBモバイルに対して行っている。

2006年10月1日にボーダフォン株式会社は社名をソフトバンクモバイル株式会社、ブランド名をSoftBankに変更した。

2011年11月30日をもって、英ボーダフォンとソフトバンクモバイル間の法人向けを中心とした提携契約の更新を行わず、翌日よりボーダフォンがNTTドコモを中心としたコネクサスモバイルアライアンスに加入する事業者の一部と提携する方針であることが明らかになっている。

4つのコミットメント

2006年5月10日、ボーダフォン買収完了後初の決算発表会において、ボーダフォン改革の4つのコミットメントが発表された。圏外が多い、端末に魅力がないなどの理由から解約が多かったとして、3G基地局を現行の2万局から年度内に4万6,000局に増やすこと、日本のユーザのニーズに合わせた端末づくりを行うことなどが約束された。

  1. 3Gネットワークの増強
  2. 3G端末の強化
  3. コンテンツの強化
  4. 営業体制・ブランディングの強化

経過

  • 2006年2月 - MVNOでのボーダフォンとソフトバンク提携交渉を行っていると報道される。
  • 2006年3月3日 - 英ボーダフォン、ボーダフォン日本法人買収交渉の事実を認める。
  • 2006年3月4日 - ソフトバンク、ボーダフォン日本法人買収交渉の事実を認める。
  • 2006年3月17日 - 英ボーダフォンはボーダフォン日本法人をソフトバンクに1兆7,500億円で譲渡することを決定。また公式発表をしたソフトバンク社長の孫正義は基本的には新ブランドに切り替える意向を示した。新ブランドの詳細については「できるだけ早い時期に決めていきたい。まだ決定しておらず、これから検討していく」と述べた。
  • 2006年3月17日 - ソフトバンク、ホームページに買収決定後初めてのコメント「ボーダフォン株式会社の買収およびヤフー株式会社との携帯電話事業に関する業務提携について」を掲載。
  • 2006年4月4日 - ソフトバンク、BBモバイルを通して1株31万3,456円でTOBを実施。
  • 2006年4月14日 - ボーダフォン、ホームページに今後の方針「お客さま第一主義の継続」を掲載。メールアドレスのドメイン名や現行サービス継続の意向を表明。
  • 2006年4月24日 - 5月1日より本社を港区愛宕にある愛宕グリーンヒルズMORIタワーからソフトバンク本社と同じ同区東新橋の東京汐留ビルディングに移転することを発表。ソフトバンクグループ企業との連携強化のためとしている。
  • 2006年4月27日 - ソフトバンク、BBモバイルを通して英ボーダフォン所有のボーダフォン日本法人株を買い付けると同時にメトロフォン・サービスの全株式を買い付けすることにより、同社が保有する株も合わせて取得することで、ボーダフォン日本法人株540万2,913株(発行済株式数99.54%)を取得。
  • 2006年4月28日 - ソフトバンク社長孫正義が、ボーダフォンの取締役会議長ならびに代表執行役社長兼CEOに就任。
  • 2006年5月18日 - 同年10月1日をもって「ソフトバンクモバイル株式会社」に社名変更、ブランドもソフトバンクを基本としたものに変更することが発表された。
  • 2006年6月9日 - 総務省から産業再生法の適用を受け、ボーダフォン日本法人株を100%取得する際に株式に代えて現金の交付が可能になった。
  • 2006年8月15日 - ソフトバンクの完全子会社となる。
  • 2006年8月25日 - ソフトバンクロゴが入った機種発売開始を発表。このロゴマークはソフトバンクグループの「〓」をあしらったものだが、色はシルバーメタリックになっている(ソフトバンク本社は、黄色=レヴォリューション・イエロー)。
  • 2006年10月1日 - ソフトバンクモバイルに社名変更。

株主構成

(2018年12月19日現在)

  • ソフトバンクグループジャパン株式会社 63.14%[42]

2015年3月までは、ソフトバンク(現ソフトバンクグループ)の孫会社であるBBモバイルが全株を保有し、BBモバイルの全株を保有する子会社モバイルテックを介して旧ソフトバンクがすべての株式を間接保有していた。なお、ボーダフォン株式会社をソフトバンクが買収する以前には、ソフトバンクが独自に携帯電話事業に新規参入する計画があった。BBモバイルはその事業会社となる予定で、総務省から2005年11月10日付でBBモバイルに対し携帯電話事業が認定されている。しかし、BBモバイルは、下記の手法でボーダフォン(日本)を傘下におさめたことで携帯電話事業に参入したため、2006年4月28日には新規参入認定を総務省に返上することを発表した。

2006年4月に行われた株式公開買い付け(TOB)では、応募があったのは99.54%で、以下の株主構成となった(旧ソフトバンクによる株式会社の完全子会社化はできなかった)。

  • BBモバイル株式会社 - 529万9,814株、議決権の97.6%
  • メトロフォン・サービス株式会社 - 10万3,099株、議決権の1.9%(メトロフォンはBBモバイルに買収され完全子会社となった)

その後、2006年6月9日に総務大臣産業活力再生特別措置法(産活法)の事業再構築計画を認定。同年7月4日には、産活法を活用した現金交付による株式交換契約を締結。同年8月15日までに株式交換を実施し、78億円で少数株主が保有していた残りの0.46%の株式をBBモバイルが取得し、ボーダフォンを完全子会社化した。

親子関係は、ソフトバンクグループ(持株会社)> モバイルテック > BBモバイル > ソフトバンクとなり、ソフトバンクグループから見ると曾孫会社にあたる。

2015年4月にグループの他の通信事業者3社(ソフトバンクBB・ソフトバンクテレコム・ワイモバイル。いずれも旧ソフトバンクが直接株式を保有している)を吸収合併した結果、旧ワイモバイルの株主所有分が振り替えられたため、ごくわずかだがソフトバンクグループ以外の保有分が生じた。この時点の株主構成は以下の通り。

  • BBモバイル株式会社 - 75.81%
  • ソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)24.18%(間接保有込で99.99%)
  • その他 0.01%

2015年12月1日に、モバイルテックおよびBBモバイルがソフトバンクグループ株式会社に吸収合併され、ソフトバンクグループ株式会社が99.99%直接保有することとなった[43]。2016年7月1日、親会社がソフトバンクグループジャパン合同会社(現ソフトバンクグループジャパン株式会社)に異動した[44]

グループ会社(主要子会社)

コンシューマ事業

:個人顧客向けのモバイルサービス、携帯端末の販売、ブロードバンドサービス

  • SBモバイルサービス株式会社

エンタープライズ事業

:法人顧客向けのモバイルサービスやソリューションサービス。

ディストリビューション事業

:法人顧客向けのICTサービス商材。個人顧客向けの通信端末関連商品・IoT機器。

SB C&S株式会社:旧SB C&Sホールディングスと旧SB C&S(初代)の合併により設立[17]

  • BBソフトサービス株式会社
  • SBフレームワークス株式会社
  • ITplace株式会社

メディア・EC事業

インターネット広告イーコマースサービス。

Aホールディングス株式会社(ソフトバンク 50.0%、NAVER Corporation 50.0%):旧LINE(初代)と旧Zホールディングスの経営統合により発足。

  • LINEヤフー株式会社【東証プライム・4689】(AHD 63.6%):旧Zホールディングスの組織再編により設立

≪国内事業≫

  • LINEヤフーマーケティング株式会社
  • LINE Pay株式会社
  • LINEビジネスサポート株式会社(特例子会社
  • 株式会社ネットラスト(LINEヤフー 60.0%)
  • 株式会社マイベスト
  • 株式会社スタンバイ(LINEヤフー 60.0%)
  • Zショッピング株式会社
  • Zコーポレーション株式会社

Zフィナンシャル株式会社(LINEヤフー 100.0%):国内金融事業の統括

  • PayPay保険サービス株式会社(Zフィナンシャル 60.0%)
  • ブレインセル株式会社(Zフィナンシャル 51.0%)
  • LINE Credit株式会社

Z Venture Capital株式会社(LINEヤフー 100.0%)

  • LINE Ventures Japan 有限責任事業組合
  • YJ 2号投資事業組合
  • YJ 3号投資事業組合
  • LINE Ventures Global 有限責任事業組合
  • EVG Fund, L.P.

Zホールディングス中間株式会社(LINEヤフー 100.0%):下記子会社の統括

  • 株式会社 一休(ZHD中間 100.0%)

株式会社ZOZO【東証プライム・3092】(ZHD中間 51.0%)

  • 株式会社ZOZO NEXT
  • ZOZO NEW ZEALAND LIMITED
  • ZOZO Apparel USA, Inc.
  • 株式会社yutori【東証グロース・5892】
  • 南通卓騰信息科技有限公司

アスクル株式会社【東証プライム・2678】(LINEヤフー 44.9%)

  • ASKUL LOGIST株式会社
  • ソロエル株式会社
  • 株式会社チャーム
  • フィード株式会社

≪海外事業≫

Z中間グローバル株式会社:旧LINE(2代)。海外事業の統括

LINE Xenesis株式会社(Z中間グローバル 92.4%)

  • Unblock Corporation
    • unblock ventures Limited
  • LVC USA Inc.
  • LINE TECH PLUS PTE. LTD.
  • Unchain Corp.(LINE Xenesis 50.9%)

LINE Plus Corporation(Z中間グローバル 100.0%)

  • LINE PLAY Corporation
  • LINE Studio Corporation
  • Collab+LINE
  • GrayHash Corporation(LINE Plus Corp. 76.9%)
  • LINE Digital Technology (Shanghai) Limited
  • LINE UP Corporation
  • PT. LINE Plus Indonesia
  • LINE Euro-Americas Corp.
  • LINE Company (Thailand) Limited(LINE Plus Corp. 50.0%)

IPX Corporation(Z中間グローバル 70.0%)

  • LINE Friends Inc.
  • LINE Friends Japan株式会社
  • MARKT CO., LTD.
  • LINE VIETNAM JSC(IPX Corp. 99.1%)
  • LINE Friends Taiwan Limited
  • LINE Friends (Shanghai) Commercial Trade Co., Ltd.
  • LINE SOUTHEAST ASIA CORP. PTE. LTD.

LINE Financial Plus Corporation:海外金融事業の統括

  • LFG HOLDINGS LIMITED
  • LINE NEXT Holdings株式会社
  • LINE TECHNOLOGY VIETNAM CO., LTD.
  • LINE Investment Technologies株式会社
  • LINE NEXT Corporation
    • LINE NEXT Inc.
  • Techbase VietNam Company Limited

LINE Financial. Asia Corporation Limited(LINE Financial Plus Corp. 100.0%)

  • Kasikorn LINE Company Limited(LINE Financial Asia Corp. 50.0%)

ファイナンス事業

:個人顧客向けのキャッシュレス決済サービス(QRコード決済クレジットカードなど)、スマホ証券サービス。法人顧客向けの決済代行サービス(クレジットカード・電子マネー・QRコードなど)。

  • Bホールディングス株式会社(ソフトバンク 50%)
  • PayPay証券株式会社(ソフトバンク 62.5%)
  • SBペイメントサービス株式会社

その他

  • BBIX株式会社
  • MagicalMove株式会社
  • アイ・オーシステムインテグレーション株式会社
  • アソラテック株式会社(ソフトバンク 51.0%)

SBテクノロジー株式会社【東証プライム・4726】(ソフトバンク 54.4%):旧ソフトバンク・テクノロジー

  • M-SOLUTIONS株式会社
  • リデン株式会社(SBテクノロジー 82.6%)
  • フォントワークス株式会社
  • 株式会社 電縁
  • 株式会社 環

SBメディアホールディングス株式会社:メディア事業の統括

SBプレイヤーズ株式会社

  • アイピーロジック株式会社
    • ニューイング・ソフト株式会社
  • 株式会社エデュアス

かつての子会社・関連会社

【ソフトバンクKK】

【ソフトバンクテレコム】

  • SOFTBANK INVESTMENT INTERNATIONAL (STRATEGIC) LIMITED
  • イー・アドバイザー株式会社
  • 株式会社ソフィアバンク
  • イー・ネットカード株式会社
  • イー・コモディティ株式会社
  • 日本コグノテック株式会社
  • イー・ボンド証券株式会社
  • スワン・クレジット株式会社
  • あざみ生命保険株式会社
  • 株式会社エイブル

※ソフトバンク・インベストメントおよび同社子会社等については、SBIホールディングスを参照。

諸問題・不祥事など

特別採用コース

2009年3月17日、2010年4月入社を目標に応募してきた学生の一部に、営業・企画職のみのリベンジ採用[注 7]として「特別採用コース」の案内が電子メールで送られた。内容は学生に対し2009年3月23日から2009年4月12日までにソフトバンクモバイルの携帯電話の新規契約を取らせ、その結果を筆記試験・面接とともに選考基準に加えるというものである。

なお、同社では採用するか決まっていない学生に対し実質的に営業をさせることについて「筆記試験・面接にはない選考基準を設けただけで営業目的ではない」とコメントしている。なお、グループ会社のソフトバンクBBやソフトバンクテレコムも同時一括採用のため、同様の採用条件を設けている[45]。この選考について労働基準法違反に抵触する疑いがあるとして、厚生労働省が調査を開始した。

問題が社会的に注目を集めたことから、のちにソフトバンクの新規契約数ではなく、販売モデルの提案や面接などの選考内容に変更された。

信用情報機関への入金誤登録事件

2009年10月8日から2013年8月6日の間に、スマートフォンを分割購入(個別信用購入あっせん契約/割賦購入契約)した際に、分割支払金や携帯電話料金を支払っているにもかかわらず、誤った信用情報がシー・アイ・シー(CIC)と日本信用情報機構(JICC)に、料金が支払われてない「未入金」として、6万3,133件が登録されていたことを、2013年10月1日に発表した[46]。また、この事象に関連して、CRINに接続されている提携信用情報機関の全国銀行個人信用情報センター(全国銀行協会運営)の加盟会員各社との取引時に悪影響を受けた[46]

実際に誤登録でクレジットカード審査やローン審査など、影響を受けた件数は1万6,827件と公表しており、影響を受けたと思われる顧客に対して、ダイレクトメールで謝罪と連絡をした[47]。また、信用情報に含まれる内容をどう扱うかは事業者によって異なるうえ、その審査内容は非公開のため「誤登録に関して、信用情報の取引時に個別・具体的にどんな影響があったかをソフトバンクモバイル側で詳細に調査・通知するのは難しい」と述べている[46]

誤登録事件は、2009年にコンピュータシステムを改修した際のコンピュータプログラムの設定ミスが原因で、2013年3月、利用者からソフトバンクモバイルへの問い合わせがきっかけで発覚し、同年3月末までに経済産業省に届け出ていたが、利用者への通知が誤登録発覚から6か月も後になったのは「影響範囲の確認や関係各所との調整のため、一般ユーザーへの公表までに時間がかかった」と、ソフトバンクモバイル広報は説明している[46]

問題発表の前日(9月30日)には、2013年冬春商戦向け新型スマートフォンの発表会を行ったが、孫正義は誤登録事件については触れず、むしろ「重大な通信障害を起こしていないのはソフトバンクだけだ」と、競合他社(NTTドコモ、au)の通信障害の事例を並べながら、850日間も重大事故がないことを強くアピールしていたが、10月3日付の産経新聞では「誤登録は通信障害ではないが、稀に見る“重大事故”だ」「個人の信用情報を傷つけ、単なる通信障害よりも社会的影響は大きい」と批判し、インターネットユーザーも、この誤登録事件について批判した[48]

申告漏れ(所得隠し)の発覚

同社が2012年から2015年までの3年間にわたり、東京国税局税務調査によって、計約62億円の申告漏れを指摘されていたことが、2017年12月に判明した。このうち、携帯電話の通信用アンテナの耐用年数を30年に設定することで、1年あたりの資産の目減り分を毎年の減価償却費として税務申告していたことについて「減価償却費を過大に計上している」などとして約62億円の申告漏れを指摘されたほか、別会社に委託した研究開発業務費用約1億4,000万円についても所得隠しにあたると判断され、重加算税を含め約17億円を追徴課税された[49]

景品表示法違反(おとり広告)

2017年7月27日、店舗に対象となる商品を十分に準備していなかったにもかかわらず、Apple Watchを割安なキャンペーン価格で販売すると広告したとして、景品表示法違反(おとり広告)で消費者庁から再発防止の措置命令を受けた。2016年11月3日から始まるキャンペーンの初日からほぼ全店舗で過半数の種類の在庫がなかった[50]

大規模通信障害

2018年12月6日、大規模な通信障害が発生。約4,000万回線が日中の4時間半にわたって、ソフトバンクやY!mobileで通話や通信できない異例の事態に陥った。原因は通信の要となる交換機のソフトの不具合で、認証などの処理が進まず、端末が通信できなくなった。この大規模な通信障害について、総務省は電気通信事業法に基づく「重大な事故」にあたるとみて、同社に対して事故原因などの報告を求める行政指導、業務改善命令を出す方針を固めた。宮内社長は会見で、大規模通信障害の後、4〜5日間で約1万件もの解約があったことを公表した。

この日はソフトバンクだけではなく、同じ会社のソフトを使用している日本国外11の通信事業者でもほぼ同時刻に通信障害が発生したことも公表している[51]。この影響により、現在減少傾向にある公衆電話の利用者数も増大した。

機密情報のロシアへの譲渡

2020年1月25日、ソフトバンクの元社員が不正に取得した機密情報を駐日ロシア連邦通商代表部の職員らに渡し、現金を受領したとして警視庁公安部不正競争防止法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は2019年2月18日、勤務していたソフトバンクのサーバーにアクセスし、営業秘密である機密情報など計2点を複製し不正に取得した疑い[52]。ソフトバンクは「多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」とするコメントを発表した[53]。ソフトバンクの広報担当によれば、逮捕された元社員は事件当時は設備構築業務の省力化を推進する部門の統括部長を務めており、持ち出された疑いがあるのは工事の手順書で捜査当局から連絡を受けた後、2019年12月中旬に懲戒解雇したとしている[54][55]

7月9日、東京地方裁判所は元社員に対し不正競争防止法違反の罪で懲役2年執行猶予4年、罰金80万円の有罪判決を言い渡した[56]

駐日ロシア連邦通商代表部の職員についても不正競争防止法違反の教唆容疑で書類送検されたが、国外に出国しており再入国の見込みがないことから不起訴処分となった[57]

5G技術不正持ち出し

2021年1月12日、警視庁は元ソフトバンク社員(2019年12月31日、ソフトバンクを退職。翌日の2020年1月1日に楽天モバイルへ転職[58])が同社から第5世代移動通信システム(5G)に関する技術情報を不正に持ち出したとして、不正競争防止法違反の疑いでこの元社員を逮捕した[59][60]。ソフトバンクは2020年2月に事態を把握し[61]、警視庁に相談・被害申告。元社員が利用する楽天モバイルの業務用パソコン内に同社営業秘密が保管されており、楽天モバイルが同社営業秘密をすでに何らかの形で利用している可能性が高いと認識。今後、楽天モバイルにおいて同社営業秘密が楽天モバイルの事業に利用されることがないよう、同社営業秘密の利用停止と廃棄などを目的とした民事訴訟を提起する予定であること、引き続き捜査当局に全面的に協力し、当該元社員への損害賠償請求を含めた措置も視野に入れて、今後の対応を検討していくことを発表した[62]。また、楽天モバイル側も状況報告がなされた[63]が、楽天モバイル広報部によると「逮捕された人物が弊社に在籍していることは間違いないが、詳細についてはお答えできない。警察の捜査に全面的に協力していく」と取材に答えている[64]

5月6日、ソフトバンクは元社員と転職先の楽天モバイルに対し、10億円の損害賠償と基地局の使用差し止めや廃棄などを求める訴えを東京地方裁判所に起こした。「持ち出された情報が、楽天モバイルが業務上利用するサーバーに保存され、ほかの社員が見られる状態にあったことを確認している」と主張していて、今後の審理の状況に応じて請求額が増えることがあるとしている[65]

2022年12月9日、東京地方裁判所は「転職先での職務に役立てようとした」として、元社員に懲役2年執行猶予4年、罰金100万円を言い渡した[66]

部長らによる詐欺事件

2023年11月8日、架空の事業への投資話を持ちかけて会社経営の男性から12億円をだまし取ったとして、ソフトバンクの元デジタルトランスフォーメーション統括部長や同社元課長ら3人を詐欺の疑いで逮捕された。元部長らはソフトバンク本社の会議室で、虚偽のプレゼンテーション資料などを示しながら、全国にある約3500店のシステムを入れ替えるのに96億円がかかるなどと説明。ソフトバンクから入れ替えを請け負った企業に代金が支払われるまで期間が空くため、「12億円を融資してくれる投資家を探している」とし、配当として20%が得られるとうたっていたという。3人は2021年12月から2022年8月にかけ、本社会議室で複数回にわたって出資を募る説明会を開催していた。少なくとも計20人が参加したという。このうち被害男性を含む3人が出資話に応じ、計約13億円を振り込んだという。ソフトバンクは元部長と元課長を2022年10月に懲戒解雇した[67][68]。11月28日、同じ手口で別の会社経営者から2500万円を詐取したとして3人が詐欺容疑で再逮捕された[69]。2024年1月12日、同じ手口で他の男性からも現金1億円を詐取したとして3人が詐欺容疑で追送検された。立件額は計13億2500万円となり、警視庁捜査2課はこの事件の捜査を終結した[70]

スポンサー

テレビ
現在

日本テレビ

フジテレビ

TBS

テレビ朝日

テレビ東京

過去

脚注

注釈

  1. ^ 1984年10月に日本テレコム株式会社として創業、1986年12月9日に鉄道通信株式会社として設立。2002年に会社分割を実施し事業会社から純粋持株会社に移行、2004年に子会社吸収合併し、携帯電話事業会社となる(詳細:[3])。
  2. ^ a b 費用は、日本企業として最高額となる1兆7,500億円。
  3. ^ IMT2000企画同様、登記上の商号は「ジェイフォン東京株式会社」などとなる。これは商法の規定により、2002年まではアルファベット登記ができなかったためである(IMT2000企画も同様)。
  4. ^ MNOは行っていないが、ディズニー・モバイルも同様に相当するサービスを行っていない。
  5. ^ ただし制度上の制限により、両ブランド間の移動にはMNPと同様の手続きを踏む必要がある[38]
  6. ^ エンタープライズ事業も担う。
  7. ^ エンジニア職や一般職は対象外。
  8. ^ a b 後半ナショナルスポンサー。
  9. ^ a b 同業者のスポンサーはKDDI(別枠にて提供)。
  10. ^ 同業者のスポンサーはKDDI、NTTドコモ(別枠にて提供)。
  11. ^ NTT東日本NTT西日本から引き継いだ。現在は森永乳業Airdogに交代。
  12. ^ 同業者のスポンサーはKDDI。
  13. ^ それって!?実際どうなの課』からの提供枠移行。
  14. ^ 同業者のスポンサーはNTTドコモ(別枠にて提供)。

出典

  1. ^ 体制|ガバナンス - ソフトバンク株式会社
  2. ^ a b c 会社概要”. ソフトバンク株式会社 (2022年4月1日). 2022年6月26日閲覧。
  3. ^ 沿革 - 企業情報 - 企業・IR - ソフトバンク
  4. ^ a b c d e f g h i j k ソフトバンク株式会社 (24 June 2022). 第36期 (2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 (Report).
  5. ^ ソフトバンク株式会社 定款 第1章第1条
  6. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  7. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  8. ^ 事業者別契約数 (平成17年1月末現在)”. 社団法人電気通信事業者協会. 2012年10月12日閲覧。
  9. ^ 小林伸也, 岡田有花 (2006年3月17日). “ソフトバンクの持ち出しは2000億円 巨額資金の仕組みは”. ITmedia. 2012年10月12日閲覧。
  10. ^ 次世代移動通信システム「IMT-2000」の企画会社設立について - 日産自動車公式ウェブサイト、2014年2月23日閲覧。
  11. ^ ソフトバンク・モバイル株式会社(現リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ)とは別会社。
  12. ^ 合併に関するお知らせ 2015年1月23日配信 2021年6月2日閲覧。
  13. ^ 通信自由化20年 市場4倍22兆円 SankeiBiz 2015年3月31日配信 2021年6月2日閲覧。
  14. ^ ソフトバンクモバイル、7月1日に「ソフトバンク株式会社」に社名変更”. インプレス. 2015年7月3日閲覧。
  15. ^ a b c 新規上場申請のための有価証券報告書” (PDF). ソフトバンク株式会社 (2018年11月12日). 2018年11月21日閲覧。
  16. ^ 第36期有価証券報告書”. ソフトバンクグループ (2016年6月22日). 2017年3月5日閲覧。
  17. ^ a b SB C&S株式会社 法人番号”. グラファー. 2021年6月9日閲覧。
  18. ^ 支配株主等に関する事項について” (PDF). アイティメディア株式会社 (2018年6月29日). 2018年11月21日閲覧。
  19. ^ 支配株主等に関する事項について”. ソフトバンク・テクノロジーズ株式会社 (2018年6月18日). 2018年11月21日閲覧。
  20. ^ ソフトバンク株式会社への国内子会社等株式の移管に関するお知らせ | プレスリリース | ニュース | 企業情報”. ソフトバンク. 2018年12月12日閲覧。
  21. ^ LINEモバイルとソフトバンク、MVNO事業「LINEモバイル」のさらなる成長を目的とする資本・業務提携締結のお知らせ”. ソフトバンク (2018年3月20日). 2018年11月21日閲覧。
  22. ^ 株式会社IDCフロンティアおよびファーストサーバ株式会社の株式取得について”. ソフトバンク (2018年3月20日). 2018年11月21日閲覧。
  23. ^ “ソフトバンク通信子会社、東証が上場承認 12月19日”. 日本経済新聞. (2018年11月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37644960S8A111C1000000/ 2018年11月15日閲覧。 
  24. ^ 新規上場会社情報”. JPX日本取引所グループ. 2018年12月10日閲覧。
  25. ^ “ソフトバンク上場、終値1282円 公開価格を15%下回る”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年12月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39088300Y8A211C1000000/ 2018年12月19日閲覧。 
  26. ^ 子会社の商号変更に関するお知らせ”. ソフトバンク株式会社 (2018年10月1日). 2018年11月22日閲覧。
  27. ^ 完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ”. ソフトバンク株式会社 (2021年4月23日). 2022年4月10日閲覧。
  28. ^ 愛知県のスタートアップ支援拠点「STATION Ai」、関連ファンドが2件目の投資を実行”. 日経BP. 2023年8月3日閲覧。
  29. ^ 完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ”. ソフトバンク株式会社 (2021年6月22日). 2022年4月10日閲覧。
  30. ^ 完全子会社であるLINEモバイル株式会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ”. ソフトバンク株式会社 (2021年10月22日). 2022年4月10日閲覧。
  31. ^ 完全子会社である株式会社ウィルコム沖縄の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ”. ソフトバンク株式会社 (2021年12月22日). 2022年4月10日閲覧。
  32. ^ 鈴木康朗 (2023年3月27日). “KDDIとソフトバンク、月額429円で互いの回線をバックアップに”. 朝日新聞. 2023年3月27日閲覧。
  33. ^ ソフトバンク、完全子会社HAPSモバイルを吸収合併へ”. 日本M&Aセンター. 2023年7月30日閲覧。
  34. ^ a b 3Gサービス終了のご案内
  35. ^ ただし、NTTドコモ・auでもiPhone・iPadが発売されている。
  36. ^ 携帯電話契約数”. 電気通信事業者協会. 2023年11月2日閲覧。
  37. ^ ソフトバンク 携帯料金、請求書を有料化(2006.12、フジサンケイ ビジネスアイウェブアーカイブ)
  38. ^ a b 「ソフトバンク」と「Y!mobile」 2ブランド併存戦略の“功罪””. ITmedia mobile (2019年2月6日). 2019年2月13日閲覧。
  39. ^ LINEモバイルとソフトバンクの提携が完了 2018年夏にSB回線のサービスを提供”. ITmedia mobile (2018年3月20日). 2019年2月13日閲覧。
  40. ^ J-フォンがauを追い抜き2位にITpro 2002年4月5日
  41. ^ ITmediaモバイル:消えた"ボーダフォンの10の約束"
  42. ^ “ソフトバンク上場は12月19日に”. ケータイ Watch (インプレス). (2018年11月12日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1152901.html 2018年12月20日閲覧。 
  43. ^ 子会社(モバイルテック株式会社およびBBモバイル株式会社)の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ,ソフトバンクグループ株式会社,2015年10月22日
  44. ^ 第36期有価証券報告書”. ソフトバンクグループ (2016年6月22日). 2017年3月5日閲覧。
  45. ^ J-CASTニュース:ケータイ「契約」実績で「特別採用」 学生から不満と批判の声
  46. ^ a b c d 田村奈央 (2013年10月2日). “ソフトバンクが端末分割代金を“未入金”として信用情報機関に誤登録、1.7万ユーザーに影響”. 日経NETWORK (日経BP). https://xtech.nikkei.com/it/article/NEWS/20131002/508163/ 2016年3月13日閲覧。 
  47. ^ 信用情報機関への入金登録情報の誤りについて』(プレスリリース)ソフトバンクモバイル株式会社、2013年10月1日http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/info/2013/20131001_01/2016年3月13日閲覧 
  48. ^ blueprint (2013年10月7日). “ソフトバンク信用情報誤登録問題、孫社長「重大事故ない」発言直後の発表に批判続出”. Business Journal. http://biz-journal.jp/2013/10/post_3068.html 2016年3月13日閲覧。 
  49. ^ ソフトバンク 国税局が62億円の申告漏れ指摘 NHKニュース 2017年12月3日
  50. ^ ソフトバンク:消費者庁が措置命令 おとり広告で”. 毎日新聞 (2017年7月27日). 2018年2月11日閲覧。
  51. ^ 2018年12月6日に発生した携帯電話サービスの通信障害に関するおわび | プレスリリース | 企業・IR |ソフトバンク株式会社 | 2018年12月6日
  52. ^ “ソフトバンクの機密情報、ロシアに譲渡か元社員逮捕”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2020年1月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54860730V20C20A1CZ8000/ 2020年2月10日閲覧。 
  53. ^ 当社元社員の逮捕について』(プレスリリース)ソフトバンク株式会社、2020年1月25日https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20200125_01/2020年2月10日閲覧 
  54. ^ “ソフトバンク元社員が不正競争防止法違反容疑で逮捕、露に漏洩と報道”. ブルームバーグ. (2020年1月26日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-26/Q4OR9UT0G1L201 2020年2月10日閲覧。 
  55. ^ “ロシア側に漏えいか ソフトバンク元社員 機密、不正取得容疑で逮捕”. 東京新聞 (中日新聞社). (2020年1月26日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020012602000135.html 2020年2月10日閲覧。 
  56. ^ “ソフトバンク元社員に有罪判決 ロシアへの機密漏洩事件”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2020年7月9日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASN795VMLN79UTIL016.html 2020年7月11日閲覧。 
  57. ^ “ロシア元外交官を不起訴 機密情報取得そそのかした容疑”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2020年7月2日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASN726SMYN72UTIL03C.html 2020年7月17日閲覧。 
  58. ^ 楽天「転職元の機密流出で社員逮捕」仰天の弁明 真っ向からぶつかるソフトバンクと楽天の主張”. 東洋経済オンライン (2021年1月12日). 2021年1月12日閲覧。
  59. ^ “5G技術不正持ち出し容疑 元ソフトバンク社員逮捕 - 警視庁”. JIJI.COM. (2021年1月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011200425&g=soc 2021年1月12日閲覧。 
  60. ^ “5G技術持ち出し容疑 ソフトバンク元社員を逮捕 退職翌日にライバル社転職”. 毎日新聞. (2021年1月12日). https://mainichi.jp/articles/20210112/k00/00m/040/048000c 2021年1月12日閲覧。 
  61. ^ ソフトバンク元社員、楽天モバイル転職直前に秘密情報持ち出し ネット民「やることが大胆」「素人手口に呆れる」”. iza (2021年1月12日). 2021年1月12日閲覧。
  62. ^ 楽天モバイルへ転職した元社員の逮捕について”. ソフトバンク株式会社 (2021年1月12日). 2021年1月12日閲覧。
  63. ^ 従業員の逮捕について”. 楽天モバイル株式会社 (2021年1月12日). 2021年1月12日閲覧。
  64. ^ “ソフトバンク元社員を逮捕 5G情報を持ち出した疑い(会員記事)”. 朝日新聞デジタル. (2021年1月12日). https://www.asahi.com/articles/ASP1D3CT4P1DUTIL00B.html 2021年1月12日閲覧。 
  65. ^ “ソフトバンク 10億円の損害賠償 元社員と楽天モバイルを提訴”. (2021年5月6日). https://web.archive.org/web/20210520161337/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210506/amp/k10013015611000.html 
  66. ^ “5G情報持ち出し、競合他社に転職 ソフトバンク元社員に有罪判決”. 朝日新聞. (2022年12月9日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASQD95TRMQD9UTIL014.html 2022年12月10日閲覧。 
  67. ^ “ソフトバンクの事業かたり12億円詐取 容疑で元部長ら逮捕”. 産経新聞. (2023年11月8日). https://www.sankei.com/article/20231108-3TJIKUYG7FMXVKGTRJ2EDQV4XA/ 2023年11月8日閲覧。 
  68. ^ “ソフトバンク元部長ら3人逮捕、12億円詐取疑い 警視庁”. 日本経済新聞. (2023年11月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE08AYL0Y3A101C2000000/ 2023年11月8日閲覧。 
  69. ^ “ソフトバンク元部長ら3人再逮捕 別の男性から2500万円詐取容疑”. 朝日新聞. (2023年11月28日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASRCX4FGJRCXUTIL00Z.html 2023年12月7日閲覧。 
  70. ^ “ソフトバンク投資詐欺 別の男性からも詐欺の疑いで元部長ら3人を追送検 警視庁”. 産経新聞. (2024年1月12日). https://www.sankei.com/article/20240112-QZGCM2KP6JIRVOB3AV5SVPZEI4/ 2024年1月14日閲覧。 
  71. ^ ソフトバンク・チーム・ジャパン、アメリカズカップへの挑戦! -

関連項目

外部リンク