ヘルプ

<< のページ検索結果にもどる

このページでは https://kotobank.jp/word/%E9%B3%B6%E3%83%BB%E9%B4%9F%E3%83%BB%E9%B5%84-342882のキャッシュを表示しています。

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
→ キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

鳶・鴟・鵄(とび)とは? 意味や使い方 - コトバンク

鳶・鴟・鵄(読み)とび

精選版 日本国語大辞典 「鳶・鴟・鵄」の意味・読み・例文・類語

とび【鳶・鴟・鵄】

〘名〙
① タカ科の鳥。全長約六〇センチメートル。体は暗褐色で胸に黒い縦斑がある。他のタカ類と違って尾先にくぼみがある。森林の高い木に営巣し、腐肉を好み、主にネズミ・魚などの死体をあさる。鳥獣を襲うことは少ない。よく空中で輪をえがいて飛び、ピーヒョロロと鳴く。日本各地に留鳥として棲息し、市街地・村落付近・海岸に多い。とんび。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 「とびぐち(鳶口)」の略。
③ 「とび(鳶)の者」の略。
※雑俳・柳多留‐一〇七(1829)「安い鳶あひるふさがり鷹へそれ」
④ 「とびいろ(鳶色)」の略。
※洒落本・人遠茶懸物(1786)「武士が兄弟飛色(トビ)ぞろひ、床場でいはぬ本田髪」
定職をもたないでぶらぶらしている人。遊び人。
※雑俳・神風(1742)「当風の跡に近所の鳶が舞ふ」
⑥ 江戸時代、現物売買の仲介をして手数料を取るのを業とした人。牙儈(すあい)。鳶商人。
[補注]「書紀‐神武即位前」に「金色霊鵄(こがねのあやしきとび)」が神武天皇に勝利をもたらしたことが記されており、トビは古くは霊鳥と見なされていたようである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

土砂災害

大雨や地震が誘因となって起こる土石流・地滑り・がけ崩れや、火山の噴火に伴って発生する溶岩流・火砕流・火山泥流などによって、人の生命や財産が脅かされる災害。...

土砂災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android