ヘルプ

<< 中野克己 ラグビー のページ検索結果にもどる

このページでは http://www.nurfc.net/recruit/student.phpのキャッシュを表示しています。
検索対象となった右のキーワードがハイライト表示されています:中野克己ラグビー

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
→ キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

日本大学ラグビー部を目指す方へ|採用情報|日本大学<b style="color:black;background-color:#a0ffff">ラグビー</b>部

Recruit

採用情報/日本大学ラグビー部を目指す方へ

TOP採用情報日本大学ラグビー部を目指す方へ

日本大学ラグビー部を目指す皆様へ

変革の時。日本一を目指す集団へ。

日本大学保健体育審議会ラグビー部は創部90周年を迎える歴史と伝統ある部です。その時代ごとに様々な結果を残して今日までその魂を繋いできました。近年、本学ではスポーツ科学部競技スポ ーツ学科の開設や学生寮の整備を進めるなど、保健体育審議会所属の各競技部の強化に努めております。

ラクビー部にとっては、「スポーツ日大アスレティックパーク稲城」が完成し、東京ドーム2.7個分、約126,000m²の敷地に、合宿所、人工芝の専用ラグビー場のほかに、クロスカントリーコースをつくり、併せて合宿所内に国内最高レベルのトレーニングルームやケアルームも完備いたしました。また、食事面もトップアスリートの重要な要素と考えており、栄養価を考慮して選手の体力向上に繋がる栄養管理に配慮しています。今後もラグビー環境の充実を図り、チームの強化と将来の日本代表選手の輩出を目指して参ります。

中野 克己

Nakano Katsumi

1987年卒業
2017年度 監督に就任

今、日本大学ラグビー部は古い体質の殻を破り、新しいラグビー部のモデルづくりに挑んでいます。昨年新築された総合寮VILLAGEIIでは、最新の機器を揃えたウエイトトレーニングルーム、ケアルームが併設され、食事も朝食、夕食ともにバイキングスタイルを取り入れた施設になります。この施設に加え、校地内には更なる高みを目指すパフォーマンスセンターの建築が進んでいます。

『新しい日本大学ラグビー部を創る』そして『No1ラグビー部』になる。その実現には『想い』を実現しようとする強い志を持つ『人』が欠かせません。そして部員一人ひとりが高い目標を掲げ、日々のトレーニングに『励む』ことに逃げずに挑戦していくこと。同時に学業にもしっかり取り組み、様々な価値観やスキルを身につけ、仲間達と切磋琢磨していくことが『4年後の自身』を創造することに繋がります。創部90周年を迎えた日本大学ラグビー部で私たちと一緒に、新たな歴史をつくりましょう。

川松 真一朗

Kawamatsu Shinichiro

2003年卒業
GMメッセージ(ゼネラルマネージャー)

日本大学ラグビー部は平成30年に創部90周年を迎えたチームです。このメモリアルを機に再強化を図っています。私たちは国内最高峰のトレーニング環境を整備し、本気でラグビーを頑張る選手達と共に本気で大きく成長していきたいと思っています。

大学4年次には、トップリーグを目指す選手、一般企業に就職を希望する選手、それぞれに合わせて進路サポートをしていきます。この大学4年間が一生の宝物になるようにチームスタッフ一丸となって日々努力をしています。是非、門を叩いて頂き一緒に日本一を掴み取りましょう。一人ひとりが主役です。

twitterbnrFacebook

copyright © Hurricanes all rights reserved.

日本大学保健体育審議会ラグビー部