ヘルプ

<< のページ検索結果にもどる

このページでは https://kotobank.jp/word/%E7%92%BD-515296のキャッシュを表示しています。

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
→ キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

璽とは - コトバンク

(読み)じ

精選版 日本国語大辞典「璽」の解説

じ【璽】

[1] 〘名〙 玉に刻んだ印形(いんぎょう)。特に、中国では秦以降、天子の用いるもの。日本では天皇の用いる印章をいう。御璽(ぎょじ)
※三代格‐一・貞観格序(869)「風教大同、車書共道。而未符破璽、施無事於群情、設象除刑、馳不犯於比屋」 〔史記‐淮南王伝〕
[2] 天子のしるしである三種の神器。特に、八尺瓊曲玉(やさかにのまがたま)
日本後紀‐延暦二五年(806)三月辛巳「次璽并樻奉東宮

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「璽」の解説

じ【璽】

印章。特に、天子の印章。
三種の神器の一。八尺瓊曲玉やさかにのまがたま
「剣、―、内侍所わたし奉らるるほどこそ」〈徒然・二七〉

じ【璽】[漢字項目]

常用漢字] [音](慣)
印章。特に、天子・天皇の印。しるし。「印璽御璽ぎょじ玉璽国璽神璽
[名のり]しるし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android