ヘルプ

<< 生物多様性をまもり育むために のページ検索結果にもどる

このページでは https://www.daikin.co.jp/csr/environment/biodiversity/biodiversity.htmlのキャッシュを表示しています。

キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものです。
→ キャッシュとは?
元のページは変更されている可能性があります。現在のページ内容はこちらから確認できます。

※HTMLバージョンとして表示する際、レイアウトが崩れたり、文字が読めなくなる場合があります。ご了承ください。

Yahoo! JAPANはページ内のコンテンツとの関連はありません。

生物多様性の保全 | 生物多様性の保全 | ダイキン工業株式会社

ページの本文へ

生物多様性の保全

生物多様性の保全

生物多様性の保全


生物多様性保全に関する基本方針

自然の恵みを守り再生する取り組みを推進

私たちの社会は生物多様性からさまざまな恵みを受けて成り立っています。なかでも、森林には、光合成によって酸素を生み出すほか、水蒸気を放出し気温の上昇を緩和する冷房効果や、大気汚染物質を空気中から取り除く空気清浄効果があります。快適な空気環境を提供することを事業とするダイキンは、「森は地球のエアコン」と考えて、事業活動と環境貢献活動の両面から生物多様性の保全に取り組んでいます。

ダイキングループの事業活動において生物多様性に大きな影響を与えているのは、温室効果ガスの排出です。開発・設計から生産・販売のすべての工程において、温室効果ガスの排出削減に努めています。

環境社会貢献活動としては、「地球のエアコン」である豊かな森林を守り育てる運動に力を入れています。事業を行う主要な国や地域で、政府や地域住民、NPO・NGOなどと連携し、自然を保護し再生する取り組みを進め、自社施設でも「森づくり」を進めます。活動を担う従業員に対しては自主的な取り組みを支援し、社外への情報開示や啓発活動にも努めます。

この考え方を2010年9月に「生物多様性保全に関する基本方針」として制定しました。

生物多様性保全に関する基本方針

私たちは、豊かなみどりと空気のために行動します。

基本的な考え方(2010年9月制定)

私たちの社会は多くの自然の恵みを受けて成り立っています。その源が「生物多様性」であり、生物多様性が損なわれれば、水問題や食料問題など、私たちの生活に大きな影響をもたらします。

また当社事業は「地球温暖化」影響を通して生物多様性に大きな影響を与えています。

私たちは持続可能な社会のために、事業活動全般にわたって地球温暖化抑制に取り組むとともに、生態系のバランスを維持し豊かさを取り戻す取り組みを推進します。

主な取り組み
事業で
  • 事業活動全般にわたって温室効果ガス排出を削減
  • 製品開発・生産・輸送・営業・サービス・サプライチェーンなど事業活動全般にわたって、温室効果ガス排出を削減
事業外で

自然の恵みを守り再生する取り組みを推進

  1. 事業を行う主要な国や地域で、政府や地域住民、NPO・NGOなどと連携し、自然を保護し再生する取り組みを進めます。
  2. 自社施設での「森づくり」を進めます。
  3. 従業員の自主的な活動を支援するしくみをつくります。
  4. 情報開示や啓発活動に努めます。

世界での取り組み

世界的に貴重な森林を保全する「“空気をはぐくむ森”プロジェクト」

ダイキンは2014年に世界7カ所の貴重な森林を保全する「“空気をはぐくむ森”プロジェクト」をスタートしました。10年間で1,100万ヘクタールの森林を保全し、700万トン以上のCO2排出抑制をめざしています。

支援地ではグローバルパートナーシップを生かし、植林に加えて、地域住民が森林伐採に頼らない生活手段を確立するための支援を行います。森林保全を通じて貧困などの社会課題の解決に取り組み、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献します。

拠点での取り組み

鳥取県のダイキングローバル研修所で海岸砂丘や砂浜の自然植生を保全・再生

鳥取県にあるグローバル研修所「ダイキンアレス青谷」は、ダイキングループの人材を育成する研修施設です。

当施設は“鳴り砂”で有名な井手ヶ浜に位置する海岸砂丘地にあります。ここには、海岸の植物から内陸の植物へと徐々に移行していく典型的な海浜植生が見られます。しかし、こうした海浜植生は、この十数年で急速に失われつつあります。

ダイキン工業は、この希少な海浜砂丘環境を保全するだけでなく、失われた自然を復元し、もともとあった砂丘環境を取り戻す取り組みをしています。まず地域の植生を調査し、植生・植栽計画を立案し整備。整備後も専門家にアドバイスを受けながら、植生・植栽のモニタリングや育成管理をしています。

また、新入社員研修で海岸林の苗木を植樹するなど、従業員の自然環境に対する意識向上にもつなげているほか、2016年7月から鳥取大学の庭園管理実習として海浜植生の保全や海浜地の樹林化を実践するフィールドとして利用していただくなど、当施設を地域の方々にご利用いただく機会も設けています。

こうした活動が評価され、公益財団法人都市緑化機構が主催する「SEGES社会・環境貢献緑地評価システム」の5段階評価の上から2番目にあたる「Excellent Stage3」に認定されています。

ダイキンアレス青谷(全景)

ダイキンアレス青谷(全景)

鳥取大学の実習フィールド

鳥取大学の実習フィールド

「SEGES 社会・環境貢献緑地評価システム」認定

「SEGES 社会・環境貢献緑地評価システム」認定

鳥取県と国のレッドデータブックに該当する種

外来種を根気よく除去して、貴重な海浜植物を保護しています。

オカヒジキ

オカヒジキ

スナビキソウ

スナビキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

ハマベノギク

ハマベノギク

滋賀製作所で生物との共生をめざす里山再生

滋賀製作所では、2012年度に敷地内に里山の自然を再現する取り組みを開始しました。
保全区域を「ダイキン滋賀の森」と名づけ、自然再生を評価する生き物をホタルと定め、そのホタルがすめる環境づくりを従業員の手づくりで進めています。

2016年度から従業員の家族や近隣の小学生を対象とした自然観察会を実施するなど、「ダイキン滋賀の森」を活用した環境教育を行っています。2019年度には小学校や、地域の親子の皆様に環境学習を実施。また、森に生息する固有種のミナミメダカを小学校の教材として提供するなど、地域貢献の輪の拡大に努めています。

2020年度は滋賀製作所の創立50周年を記念し、在来種であるカキツバタ50株を従業員が植栽しました。今後、区域内で繁殖している外来種のキショウブと計画的に入れ替えていくことで、質の高い里山再生をめざします。

アヤメ科の帰化植物で、環境省「生態系被害防止外来種リスト」で重点対策外来種に指定されている。
カキツバタの植栽

カキツバタの植栽

淀川製作所内に自然の森を造成

テクノロジー・イノベーションセンター(TIC)の開所に合わせて2015年度に造成した「TICの森」で、<知る><見る><触れる>をテーマに自然の森の形成をサポートしています。

例えば、森で自生し始めたイロハモミジがより多く育つよう、2017年度に小さな苗をポットへ移しての育苗を開始。1mまで生長した苗を2019年度から近隣地域との境界に植樹しており、2020年度も継続しました。3年計画で並木の造成をめざします。

また、安全で美しい工場のシンボルとしてホタルが飛べる環境づくりを進めています。2017年度から水温・水質を調査するとともに産卵・生育しやすい場所を整え、2019年度に1匹の孵化を確認。2020年度は孵化数が増え、1日に最大5匹のホタルを確認できました。

イロハモミジの移植

イロハモミジの移植

せせらぎの落ち葉清掃

せせらぎの落ち葉清掃

孵化したホタル

孵化したホタル

事業所周辺地域での取り組み

大阪府で里山再生活動を推進

ダイキンは、事業所がある地域での森林保全にも注力しています。その一つとして、2012年5月には「ダイキン原城山の森づくり」協定を大阪府、高槻市、森林所有者と結びました。この協定は、大阪府が企業などと森林所有者の仲介となって森づくりへの参画を進める「アドプトフォレスト制度」を利用したものです。

大阪府高槻市にある原城山は、以前は薪や炭の生産・竹の採取などで利用されてきましたが、近年は手入れが行き届かず、竹林が拡大するなど荒廃が進んでいました。その過密竹林の生産性を取り戻すため、地元の方々と協力して竹林整備などの作業を進め、里山の再生を図っています。また、従業員が気軽に森林ボランティアに参加し、汗を流して里山保全に貢献できる場としても原城山の森を活用しています。

さらに、この活動の幅を広げるため、竹林以外の里山保全ができる活動地として大阪府茨木市にある泉原でアドプトフォレスト制度を2016年3月に締結し、森づくりを開始しました。放置された雑木林を豊かな生態系に戻すことを目的に、2025年3月まで活動を実施します。

原城山と泉原の森づくりボランティアには2019年度末までに累計130人の従業員と家族が参加しています。2020年度は新型コロナウイルス感染症防止の観点から、それぞれ4回予定していた活動を見合わせました。

海外の各拠点でも植樹や生物多様性保全活動を継続

世界各地の生産拠点や販売拠点の近隣の環境を守るため、植樹活動や、海や川などでの自然保護活動、生物多様性の保全に取り組んでいます。

海外拠点での生物多様性保全活動事例

拠点 活動内容
ダイキンインダストリーズタイランド社

2020年12月、「水を愛し、森を愛し、大地を救おうプロジェクト」として、工場のあるチョンブリ県内のブーンヤラスリー寺院で植樹活動を行いました。

ダイキンインダストリーズタイランド社

ダイキンコンプレッサーインダストリー社

マングローブ林の保全活動を行っています。そこにすむ生き物の生育環境を守ることで生物多様性保全に寄与するとともに、伝統的な漁に従事する漁業者の生活を守ります。

ダイキンコンプレッサーインダストリー社

武漢マッケイ社

工場敷地内で動植物の生息環境を改善しています。樹木の手入れや補充を適切に実施し、緑地面積を当初の8,873平方メートルら2020年度に11,071平方メートルまで増やしました。キジバト、スズメ、カササギなどの鳥たちに多くの止まり木を提供しています。

武漢マッケイ社 武漢マッケイ社

ダイキンマニュファクチャリングドイツ社

2020年に敷地内で見つかったミツバチの巣2つを、地域の養蜂協会の協力を得て適切に管理しています。自然界の重要な花粉媒介者(ポリネーター)であるミツバチは、その生息地減少が近年ドイツでも懸念されています。ミツバチの生存のためにできることを続けていきます。

ダイキンマニュファクチャリングドイツ社

CSR・環境
ページの先頭へ